パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】エースの投球を続けていた上沢が突然の崩壊(4・03札幌ドーム)

投稿日:

勝利投手 ロッテ 田中 (1勝0敗0S)
敗戦投手 日本ハム 上沢 (0勝2敗0S)
セーブ ロッテ 益田 (0勝2敗1S)

序盤はファイターズ上沢とロッテ美馬の投手戦。1~2回はペースを掴みきれずにいたハム上沢直之だったが、3回からはこれぞエースという投球でテンポよくアウトを重ねていく。一方のロッテ美馬学も再三ランナーを出しながら、要所でギアを上げる見事な投球でファイターズ打線に立ちはだかる。1-1。両者一歩も譲らない手に汗握る展開だった。
最初に均衡が崩れたのは5回裏、2アウトランナー1塁2塁のチャンスで放った四番中田翔の技ありのライト前ヒットだった。ハムがついにチャンスで打てた。
上沢も絶好調でこのままいくと思われたが、7回表2アウトランナーなしで異変が起きた。あれだけストライクゾーンへポンポン投げていた上沢が、鳥谷を迎えた場面から突然ストライクが入らなくなり連続四球。その後9番の藤原に2点タイムリーを打たれ逆転を許してしまう。
上沢がマウンドを降りた後も、崖を転げ落ちるようにリリーフが打たれ一挙5失点。今度こそ試合が決まったかのように思えた。
しかし今日のファイターズはここで終わらなかった。8回裏にリリーフの小野郁を攻め、淺間をはじめとした下位打線の活躍(代打大田泰示のタイムリー!)で3点をもぎ取り1点差まで詰め寄る。9回にもロッテ守護神・益田を攻め、同点のランナーを2塁まで進めるも、残念ながらここで力尽きた。
しかし勢いは戻りつつあることを予感。

“チャンスの壁”を超えた四番

パ・リーグTV

“チャンス”なのに”壁”。意味不明な言葉だが、今のファイターズに巣食う魔物の二つ名として、これほど相応しい表現はない。開幕してからずっと、満塁どころか、得点圏からのタイムリーすらほとんど出なかった。その不吉な壁をようやく破ったのが不動の四番・中田翔。5回裏2アウト1塁2塁の場面で長打を捨て、軽くアプローチした流し打ちで打球をライト前へポトリと落とした。西川の2塁からの激走も見事だった。
この小さな克服が、8回の意地の連打へと繋がったのだと信じる。

5回裏・西川の華麗なスライディングで勝ち越し(パ・リーグTV)
8回裏・代打大田泰示のタイムリー(パ・リーグTV)

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.