パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】5連敗vs.4連敗は4連敗中のハムの勝ち(負け)(4・06札幌ドーム)

投稿日:

勝利投手 ソフトバンク 千賀 (1勝0敗0S)
敗戦投手 日本ハム 池田 (0勝2敗0S)

ケガで調整中だったホークスのエース千賀滉大の復帰戦。ファイターズ先発の池田隆英が初回から打ち込まれ2イニングで4失点。一瞬立ち直ったようにも見えたが、中盤に再び崩れランナーを置いたまま降板。代わった堀瑞輝が1人返され、さらに終盤にマウンドに上がった北浦竜次が2点を失った。先取点→中押し→ダメ押しと、やりたい放題にやられてしまった。
一方ファイターズ打線は、ケガから復帰した先発千賀をはじめとしたホークス投手陣に手も足も出ず、1回から9回までほぼチャンスすら作れなかった
6回、先発の千賀が渡邊諒のピッチャーライナーを捕球する際に足を痛め退場。続報がないので心配。
ファイターズは引き分けを挟んだ5連敗。ホームランはいまだゼロ。

球界最高峰の走り屋を退治した清水

パ・リーグTV

今日の試合はあまりいい場面が思い出せなかったが、この場面はスカッとした。昨年の盗塁王・周東右京の盗塁を清水優心が刺した場面
2番今宮の打席1ボール2ストライクの場面で満を持してスタートを切った周東の動きを読み切り、外のボールゾーンへ速い直球を投げさせ、矢のような送球で余裕で刺した。
ファイターズの捕手はなぜか強肩イメージが薄いが、清水の肩は球界最高峰の走り屋・周東を刺せるポテンシャルがあるということは忘れないでおく。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.