パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】伊藤2度目の快投も決定的エラーに沈む(4・07札幌ドーム)

投稿日:

勝利投手 ソフトバンク 杉山 (1勝0敗0S)
敗戦投手 日本ハム 伊藤 (0勝1敗0S)

ファイターズのルーキー伊藤大海が2度目の先発。前回のデビュー登板も凄まじかったが、今回もそれに輪をかけて素晴らしかった。
圧巻は5回表。先頭栗原陵矢を四球(かなり微妙だったが)で出した後、デスパイネの強めゴロをサード野村が痛恨のエラー。ノーアウト1塁3塁という絶体絶命の場面で、続く中村晃→松田宣浩→甲斐拓也を三者連続三振。チームメイトのエラーを無に伏した。すでにエースの風格が漂う。
打線は4回、ついに飛び出したチーム初ホームランとなる大田泰示のツーランで逆転。回を追うごとに冴えわたる伊藤の快投とともに、勝ちムードが膨れ上がった7回表。ノーアウト1塁2塁の場面で、デスパイネが放ったお誂え向きのゲッツーゴロを、ショート中島卓也があまりに重大なキャッチミス。これで同点に追いつかれてしまう。直後の松田に勝ち越し二塁打を打たれ、伊藤はこの回で降板した。7イニング3失点(自責点2)だが、本当に打たれたのは2回表にグラシアルに打たれた事故のようなソロホームランのみという印象。好投するルーキーを見殺しにするだけでなく、守備の面でも守ってやることができなかった。
ファイターズ打線は終わってみれば3安打。8回9回はホークス自慢のモイネロ森に軽くひねられた。引き分けを挟んで6連敗。

大田泰示の第一号ホームラン

パ・リーグTV

今日も重い気分でゲームセットの声を聞くことになってしまったが、その約2時間前、歓喜で咽び泣いていたことを忘れてはいない。
4回裏、大田泰示の第一号ホームラン。レフトスタンド最前列にギリギリに届いた火の出るようなライナーだった。
開幕から9試合にわたって「ホームラン0」という不名誉な記録を引きずってきたが、それも今日で終わり。明日からは、憑き物が落ちたようにどんどんスタンドへ放り込んでほしい。次は中田翔。たのむ。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.