パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】今季2度目の先制もレジェンド宮西まで燃え7連敗(4・08札幌ドーム)

投稿日:

勝利投手 ソフトバンク 松本 (1勝0敗0S)
敗戦投手 日本ハム 宮西 (0勝1敗0S)
セーブ ソフトバンク 森 (1勝0敗2S)

 

先制点をあげ終盤までリードしながら、手痛い2試合連続の逆転負け。中盤までファイターズ河野竜生とホークス武田翔太の投げ合いで、1対1という両者譲らない展開。投手戦というよりは、お互いランナーを出しながらも粘り強くピンチをねじ伏せる我慢比べといった様相で見ごたえがあった。
試合が動いたのは5回表、樋口龍之介のこの日2本目となるタイムリーで勝ち越しに成功。武田翔太をマウンドから引きずり下ろした。ここで粘投の河野に勝ち投手の権利が舞い降りた。
あとはリリーフで逃げ切るのみ。その期待に応えて、6回7回は玉井大翔と井口和朋が魂のこもった投球で連続三者凡退のシャットアウト。ついに今季初めてリードした場面で勝ちパターンの宮西へバトンを繋ぐことができた。

ところが8回に満を持して登板したレジェンド宮西尚生が誤算だった。4安打を集められ、まるで悪夢を見ているような3失点。河野の勝ち星とともにチームの2勝目も消えた
打線は今日もチャンスに弱く、7回まで2ケタ安打と得点機は作るものの、決まったのは結局樋口の2本のタイムリーのみ。
8回9回に登板したホークスの2枚看板モイネロと森にはノーチャンスで7連敗

樋口龍之介の育成魂

パ・リーグTV

名だたる先輩たちがどうしても打てないタイムリーを、1試合で2本もモノにした樋口龍之介。育成魂を感じる泥臭いヒットには、今チームに欠けているものが乗っかっている気がして感動すら覚える。大仕事を終えたベンチの樋口のホッとした表情に、プロで結果を出すことの厳しさを想起させられる。忘れてはいけない場面。

 

パ・リーグTV

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.