パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】伊藤大海の初勝利を岡大海が一発で葬った試合(4・21 ZOZOマリンスタジアム)

投稿日:

ファイターズドラフト1位ルーキー伊藤大海の4度目の先発。過去3度はすべてQSと好投しながらも援護に恵まれず、また、満を持して継投したリリーフが打ち込まれ、勝ち星はつかなかった。
今日こそは。「4度目の正直」とばかりにマウンドに上がった伊藤が今日も素晴らしかった。
ストレートとスライダーが冴えわたり、味方の好守備に救われながらも4回まではノーヒット。5回と6回は1安打ずつ許すも2塁を踏ませない圧倒的なピッチング

ファイターズ打線も好調で、4回に3安打を集め1点、5回には近藤健介の3試合連続となるスリーランホームランが飛び出し4点目。6回にも押し出しの1点が追加された。6回が終わった時点で5-0。伊藤の調子を考えれば楽勝ムードだった。

パ・リーグTV

しかしその絶好調の伊藤が7回裏、マリーンズ打線に捕まった。

先頭の中村奨吾を四球で出すと、四番安田尚憲にツーランホームランを浴びてしまう。その後も角中勝也に渋いセンター前タイムリーを打たれ3失点。2点差に詰め寄られた

それでも2点リードだ。残り2イニングを逃げ切ればよかったのだが、8回のマウンドに上がった井口和朋が良くなかった。いきなり先頭の荻野貴司にツーベースを許し、続くマーティンにフェンス直撃のシングル。次打者中村の犠牲フライで簡単に1点を献上してしまう。しかし、その後は救援マウンドに上がった堀瑞輝が見事火消しに成功し、何とか伊藤の勝ち投手の権利をキープしたまま守護神・杉浦稔大に繋ぐことができた。

あとは杉浦が9回裏を抑えるだけ――だったのだが、2アウト1塁の場面でマリーンズのバッターは岡大海。ここで、にわかには信じられないサヨナラ逆転ツーランを浴びてしまう

この瞬間、伊藤大海のプロ入り勝利は幻のように消えた。しかもお立ち台に登ったのは「岡大海」だったという皮肉な結末。

ファイターズファンはまた大変なトラウマ試合を背負ってしまった。

“火消しのみっくん”魂の11球

パ・リーグTV

8回裏1点リード、1アウト2塁3塁という場面で火消しのマウンドに上がった堀瑞輝

この1点は未来のエース伊藤大海の初勝利がかかったとてつもなく重い1点だ。選手・関係者・ファン、ファイターズにかかわる者すべてが「絶対にこの1点だけは守ってくれ!!」と祈るこの究極にタフな場面で、四番安田尚憲、五番レアードを見事連続三振に切って取った。フルカウントからレアードが空振りした瞬間に思わず堀から出た大きなガッツポーズとともに、全国のファイターズファンの「よっしゃーーー!」の歓喜が聴こえた。

ちょうど解説席にいたジョニー黒木知宏(堀1年目のときのファイターズ一軍コーチ)が、「本当にいい選手に成長しましたよ……、堀選手は」と感慨深そうに言っていたのを聞いてジンときた。

試合結果(逆転負け)を経てから振り返ると「そういう場面もあったなあ」となりがちだが、“もしも勝っていたら”あの11球は間違いなく堀にとって勲章として胸に刻まれたはずの素晴らしい功績になっていた。

ファイターズファンにとって今日は本当にキツい負け方だった。伊藤の好投も、西川や大田、谷内の好守も簡単に記憶から吹っ飛んでしまいそうだが、だからこそ、あの熱投だけは忘れないようにしたい。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.