パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】1番大田先頭打者HRが昨夜の悪夢を瞬間消去(4・22 ZOZOマリンスタジアム)

投稿日:

勝利投手 日本ハム 池田 (2勝2敗0S)
敗戦投手 ロッテ 岩下 (2勝2敗0S)
セーブ 日本ハム 杉浦 (0勝1敗5S)

ファイターズ先発は4度目の先発となる池田隆英。これまでの投球で、調子のいい時も悪い時も大崩れしない“修正力の高い”投手であることがわかってきた。

今日もその特性を発揮した。1~2回は球が甘めに行くことが多くヒットを集められたが、3回からは微修正を加えながら、マウンドを降りる7回までは2安打1四球。尻上がりに調子を上げ最終的に7イニングを1失点と試合を支配した。

ファイターズ打線は相変わらず出塁するものの、得点に結びつけることが苦手な模様。それでも今日先発マスクの石川亮が勝負どころでヒットを決め、2得点に絡んだ

2点リードで迎えた8回、セットアッパーとして今季初登板したBロドリゲスが先頭の荻野貴司に出塁を許したが、直後のマーティンをゲッツーに打ち取り事なきを得た。

9回は当然、守護神杉浦稔大昨日の悪夢など知らぬと言わんばかりの堂々たるピッチングで三者凡退(2奪三振)。5セーブ目を挙げ3-1の快勝。

「ファイターズの女神」に贈る大田の先頭打者HR

パ・リーグTV

初回、昨夜の悪夢を上書きしてくれるような「1番 大田泰示」の先頭打者ホームラン。あとから知ったのだが、このホームランボールがお忍びでレフトスタンド上段に観戦に来ていたモーニング娘。の牧野真莉愛さんのもとへ飛び込んだとのこと。

ネットでもずいぶんザワついたようで、先制点(6試合連続!)となる価値の高いホームランであったことはもちろんのこと、そういう意味でも記憶に残るホームランになった。

この牧野真莉愛さんが中田翔の大ファンであることは有名な話。今日が中田の32回目の誕生日だったというのもあって、よりによって今日、当の中田がスタメン漏れしていたことには、ずいぶんガッカリしていたかもしれない。

そんな気分を察したかのような、野球の神様からのプレゼント。牧野さんにとっても忘れられないホームランになっただろう。

ホームラン直後、自分でも「何が起きたのかよくわかってない」と混乱しつつも、まるで導かれたかのように「ファイターズの女神」を大喜びさせた大田泰示。今後はきっとそのご加護を受けて、ガンガン打ちまくってくれるはずだ。

パ・リーグTV

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.