パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】主力の緊急離脱で無抵抗負けも大田→石川のビッグプレイでチャラ(4・30札幌ドーム)

投稿日:

勝利投手 西武 髙橋 (4勝0敗0S)
敗戦投手 日本ハム バーヘイゲン (0勝2敗0S)

中島卓也、西川遥輝、清水優心、淺間大基という主力4人の緊急離脱により、戦力を大幅にそがれたファイターズの初戦。
先発バーヘイゲンを筆頭に投手陣は8回まで3失点となんとか試合を作ったが、打撃陣の攻撃力の低下は如何ともし難かった

ファイターズは3回裏に先頭の石井一成のツーベースによって作った1アウト3塁というチャンスで、高橋光成のスクイズ外しが大暴投となりランナー石井がホーム生還(記録はホームスチール)し先制。ファイターズに突然訪れた重すぎる試練に同情した神様の贈り物のような1点だったが、最終的にこの1点きりだった。同情するならもっとくれ。

決定的だったのは5回裏、2点ビハインドの場面。今川優馬の死球(プロ入り初出塁)から石川亮と大田泰示が執念のヒットでつなぎ、1アウト満塁の大チャンスを作ったところでバッターボックスには王柏融

ここは確実に1点でも詰めておくべきというシチュエーションで、王はあわやゲッツーというファーストゴロ。それでも2アウト満塁で大明神・近藤健介、というところで期待が残るが、あえなく見逃し三振。唯一の決定的チャンスで、崩れかかっていたライオンズ先発・高橋光成を助けてしまった。

ここを超えるとファイターズ打線は無抵抗だった。7回ギャレット、8回平良海馬にはほぼ手が出ずノーチャンス。9回表にはライオンズにダメ押しの2得点を追加されて、そのままゲームセット。

接戦のようで、ライオンズにやりたい放題にやられた完敗だった。

日本一のライト大田泰示のスーパーバックホーム

パ・リーグTV

チームは負けたが、このシーンをリアルタイムで観られただけでも「元は取れた」と思うべき。

野球ファンならばどのチームのファンだって、今日の大田泰示のレーザービームと石川亮のジャンピングタッチには思わず拍手を贈ってしまうに違いない。

5回表ツーアウト、この回2点を取られて、なおランナー2塁のピンチ。もう1点もやれないという場面で、ライオンズ呉念庭の鋭い打球はライト前を強襲する

これをワンバウンド捕球したライト大田泰示は、すかさず矢のような送球をホームに突き刺す。送球は若干だけ逆方向へ逸れたものの、キャッチャー石川亮がそれを上手く捕らえて、踵を返すように、ホームへ突っ込んでくる愛斗の足へジャンピングタッチ。審判のオーバーアクションの「アウトォォォ~!」も最高だった。

パ・リーグTV

「投げて、打って、得点して、勝って、負ける」だけが野球じゃない。こうした守備での超人的なプレーもプロ野球の醍醐味だ。チームが負けたって、それをチャラにしてくれるくらいの熱いプレーを今後も見せてほしい。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.