パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】ルーキーエースに今日も援護なしも五十幡が驚足を披露した試合(5・14札幌ドーム)

投稿日:

勝利投手 ソフトバンク 石川 (2勝2敗0S)
敗戦投手 日本ハム 伊藤 (1勝3敗0S)
セーブ ソフトバンク モイネロ (0勝0敗4S)

ファイターズ先発の伊藤大海は絶好の立ち上がり。前回登板はボール先行で苦しんだが、今日はほとんどのバッターに対してツーストライク勝負ができた。アンラッキーなヒットでランナーを出しても連打は許さない。4回まではホークス打線を圧倒する。

一方のホークス先発石川柊太は序盤から荒れ球気味で、3ボールから甘く入った球を痛打されたり、連続四死球などでランナーを背負ったりとピンチの連続。それでもファイターズの拙攻にも助けられ、要所でうまく切り抜けているうちに本来の調子を取り戻していく。4回を超えると6回までは無安打4奪三振。「伊藤になんとか援護を!」と意気込むファイターズ打線を力づくでねじ伏せた

試合が大きく動いたのは5回表。先発伊藤の球数が90球に達したあたりでボール先行が目立つようになる。カウントを戻すべくストライクを取りに行った球をことごとく痛打され、ランナー2塁3塁と貯めてしまう。ここで火消しに入った公文克彦もその後連打され0-4にされてしまった。さらに7回表には上林誠知のソロホームランで1点追加され0-5。万事休す。

7回裏、ファイターズが大田泰示のソロホームラン五十幡亮汰のタイムリースリーベースで2点を返し意地を見せるが(2-5)、反撃はここまで。8回は岩嵜翔、9回裏はモイネロに手も足も出ずゲームセット。

パ・リーグTV

五十幡亮汰の驚速スリーベース

パ・リーグTV

7回裏ツーアウト1塁。なんとか4点ビハインドを跳ね返したいファイターズの打席には、前3打席をいいところなく凡退に打ち取られていた五十幡亮汰。足は速いが1塁ランナーを1人で返す打力はというと期待できそうもないので、四球でもバントヒットでもなんとか次につなげてくれればいい――そんな失礼なことを思っていた。

しかしその数分後、おれは「ごめんよ五十幡!」と土下座することになる。

五十幡は、110球を超え制球が甘くなってきている石川柊太の球を冷静に見極め、6球目に甘く入ってきた絶好球をすかさず強打。鋭い打球はライト線を襲い、ライト柳田悠岐の横を抜けてフェンスまで勢いよく転がっていく。

慌ててリバウンド処理に走った柳田がようやく球を掴んだころには、五十幡は俊足を飛ばして2塁に足がかかったところだった。もはや3塁に投げても勝負になるわけがなく、セカンドへボールを返すのが精いっぱい。余裕のスリーベースヒットだった。

当然、1塁ランナーはホームを踏んでおり、これが五十幡の今季初打点となった。

その見事な走塁をパテレのマルチアングルで全方向から何度も見た。すごい。すごいぞ。ホーム→1塁よりも1塁→2塁とどんどん加速していく。2塁を回ってからは、すごく変な例えだが、足がタイヤなんじゃないかと思うほどのスピード感。こんなプレー、見たことない!

今後はこんなプレーが何度も観られるかと思うと、五十幡がファイターズに入ってくれてよかったなあ、ファイターズファンでよかったなあと実感させられる。

残念ながら試合には負けたが、このワクワクだけで十分元は取れた。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.