DAZN

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】奥川の快投に敗れるも五十幡は連夜の大活躍(5・27神宮球場)

更新日:

勝利投手 ヤクルト 奥川 (2勝1敗0S)
敗戦投手 日本ハム 池田 (2勝5敗0S)
セーブ ヤクルト マクガフ (2勝0敗4S)

2試合連続で逆転負け。序盤、雨が降りしきる中ファイターズは1回2回と五十幡亮汰の活躍で2点を先制するが、徐々に雨脚が弱くなるにつれヤクルト先発の奥川恭伸が本領を発揮。ファイターズ打線相手に三振の山を築いていく。奥川は今季最多の96球を投げ(6イニング)6被安打2失点、9奪三振(!)。

一方、ファイターズ先発の池田隆英も相変わらずの粘投。毎回のようにピンチを迎えるも、都度丁寧なピッチングでうまく料理していく。しかしファイターズ1点リードで迎えた5回裏1アウト、9番奥川をファーストR.ロドリゲスのエラー(これが痛すぎた)で出塁させると、絶好調の塩見泰隆にヒットで続かれてしまう。次の元山飛優はファーストゴロに打ち取りなんとか2アウトまで持っていくが、続く山田哲人に見事三遊間を破られ走者を一掃されてしまった。一挙2点が入り、これでスワローズが逆転

DAZN

中盤以降のファイターズ打線は、(6回まで投げた先発奥川を含め)スワローズのリリーフ陣には手も足も出ず、7~9回以降は”9者凡退”。8回にここ数試合復調しかけていた宮西尚生が2失点するというショッキングな出来事もあったが、それも吹き飛ぶほどの無抵抗っぷりだった。

神宮での3連戦はカード頭を快勝しながら連敗。1勝2敗で札幌へ戻り中日ドラゴンズを迎え撃つ。

五十幡亮汰、連夜の大活躍

DAZN

スワローズ投手陣に3回以降はまったく歯が立たなかったファイターズ打線だったが、そんな中でも1人だけ猛打賞と気を吐いた五十幡亮汰。今後球界を代表するであろうリードオフマンの初猛打賞は1年目のこの日だったことは憶えておきたい。

中でも印象深いのは初回、先頭で打ったツーベース。雨の中投げにくそうにしている先発奥川が3球目に投げた曲がり切らない変化球を見逃さなかった。ライナー性の速い打球はライト線を破り、これが二塁打となった。

思えば五十幡は前日の試合でも初回先頭で出塁し即座に盗塁して球場内を沸かせた。実に2日連続で2塁ランナーとして後続へバトンを渡す理想のトップバッターっぷりである。初回にこういう働きができる1番打者がいるとチームとして本当にありがたい。事実、両日ともに得点に繋がり、見事先制している。

第二打席は2アウト2塁、得点圏での打席。2ストライクに追い込まれてからの決め球フォークに食らいつき、振りぬいた打球は球足速く一二塁間を破った。これによって2塁ランナーがホームイン。一軍に上がって以来チャンスメーカーとしてその力を遺憾なく発揮している五十幡が、今度はポイントゲッターの役割もやってのけた

もう俊足だけじゃない。打撃だけじゃない。守備だけじゃない。「勝負強い」五十幡も今日、世にバレてしまった。

ちなみに守備については、今日も元気に「エリア50」の凄みを披露してくれた。8回裏渡邉大樹が打ったセンターの頭を超えようかという大きな当たりを、五十幡は全速力で追いつき驚愕の後ろ向きスーパーキャッチ。直前に2点タイムリーを打たれていた乱調の宮西を助けた。

DAZN

試合に負けた悔しい気持ちも帳消しにしてなおプラスに変えてくれた、ファンにとっては本当に価値のあるスーパープレーだった。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.