パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】ドラゴンズ福谷を攻めきれず連敗(5・30札幌ドーム)

投稿日:

勝利投手 中日 福谷 (3勝4敗0S)
敗戦投手 日本ハム アーリン (1勝1敗0S)
セーブ 中日 又吉 (0勝1敗4S)

ファイターズは今日も序盤から失点し、終始追う展開。

ファイターズ先発アーリンは、2回に1点を失い、4回にビシエドにソロホームランを浴びた後、5回先頭の桂依央利に二塁打を打たれ、大島洋平の犠打で三塁に送られたところで玉井大翔に交代する。

その玉井が良くなかった。続く三ツ俣大樹にセンター前タイムリーを決められたのみならず、福田永将に二塁打、ビシエドに四球と大荒れ。1アウト満塁という大ピンチを迎えるが、ここは代わった河野竜生の力投によって最少失点に抑えることができた。

一方ドラゴンズ先発の福谷浩司の制球が素晴らしかった。1~3回はノーヒット。球威で押していくという印象はないが、丁寧にコーナーに投げ分け、相手が嫌がるところを徹底的に突いていくクレバーな投手だった。

圧巻は6回裏、先頭の高濱祐仁の内野安打と、近藤健介のセンターへのクリーンヒットで、1アウト1塁2塁という場面。バッターボックスには長打のある王柏融

3球目の際どい内角球(球審によってはボール球)をストライク判定されたと見るや、徹底して同じゾーンへ投げ込んでいく。打ってもヒットにならないコースだけに、王もファールで粘るが、ついに8球目を見逃す。判定はストライク。奇しくも3球目とピッタリ同じコース、同じ球だった。

パ・リーグTV

あのコースがストライクだったかどうかはもはや関係ない。球審が、絶対に打たれないコースをストライク判定してくれた。そこを利用して、その“おいしいコース”に寸分違わず投げ込めた。福谷の驚異的な制球力の勝利だと感服した。

逆にあのコースをストライクにされてしまった王はツイてなかった。失投を叩くほかなかったのだが、あの打席中の福谷にスキはなかった。

試合は5回終了時点で3-1。ファイターズは河野の後を継いだリリーフ陣も好投し、逆転のチャンスをうかがうが、相変わらず打線は、終盤に相手チームの勝ちパターンが出てくると手も足も出なくなる。

9回表にまずい守備のミスがあり、西村天裕のボークによって1失点を追加。ここで勝負あった。

最終的に7~9回のファイターズ打線は、9回裏に出た王柏融による意地の1安打のみ。今カードも1勝2敗の負け越し。

河野竜生vs.高橋周平の11球

パ・リーグTV

今日も負けてしまったが、野球の醍醐味を存分に感じられたシーンがあった。

5回表、先発のアーリンの火消しに登板した玉井の、そのまた火消しに現れた河野竜生。1点ビハインドの場面から、さらに1点を失い、これ以上の失点は許されない痺れる場面。河野がマウンドに上ったときには、1アウト満塁とチームは絶体絶命のピンチを迎えていた。

河野はドラゴンズ高橋周平を2球で追い込むも、高橋にボール球を見極められフルカウントまで持っていかれてしまう。ここからの両者による意地の張り合いが見ごたえあった。

河野はボール球を見逃されたら終わり。高橋は空振りしたら終わり。集中力と集中力のぶつかり合い。この対決は本当に痺れた。

河野が投げる際どい球を、高橋はすべてカットする。河野も四球を恐れずコーナーギリギリを攻め込む

最終的に11球にものぼる粘り合いのすえ、河野が見事ピッチャゴロゲッツーに切って取った。

パ・リーグTV

おれはファイターズファンゆえ、押し出しを恐れない河野の強気なピッチングに大歓声を上げたが、高橋の驚異的な集中力と粘りにも拍手を贈りたい。いや、いいものを見せてもらった。

奇しくも今日は河野竜生の23歳の誕生日。逆にプレゼントをもらってしまったような名場面

これも(昨日に引き続き)時がたつと負け試合に閉じ込められてしまうシーンだけに、意識して忘れないでおこうと思う。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.