J SPORTS

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】初回五十幡の足攻と渡邊諒初HRでカープのエースを撃破した試合(6・01マツダスタジアム)

更新日:

勝利投手 日本ハム 上沢 (5勝2敗0S)
敗戦投手 広島 大瀬良 (2勝2敗0S)

先週(6・28)のドラゴンズ大野雄大に続いて、今日はカープ大瀬良大地と、セリーグを代表するエースを打ち込み快勝。

ファイターズは初回、先頭の五十幡亮汰がヒットと盗塁で2塁に進み、続く髙濱祐仁と西川遥輝の内野ゴロで先制のホームを踏む。なおも2アウトから近藤健介がヒットで出塁すると、続く渡邉諒が大瀬良の初球カーブを拾い上げてスタンドイン見事な速攻で3点をあげた。渡邉はこれが今季初ホームランだった。

J SPORTS

さらに3回、四球で出塁した西川遥輝を1塁に置いて、近藤がツーラン大明神弾! 2点を追加して5点目。ファイターズは4回にも1点追加、その裏にカープのルーキー林晃汰のタイムリーで1点を失うが、すぐさま5回表に石井一成のタイムリーで突き放す。

J SPORTS

ファイターズ先発上沢直之は初回から援護に恵まれ、終始余裕を持ったマウンドさばき。毎回のようにランナーを出すも、リラックスした投球で最少失点にまとめてきた。ただし7回、投球数が100を超えたあたりからは、思うような球がいかなくなり連打を浴びてしまう。2点を失い、火消しに堀瑞輝の手を借りることになってしまったが、序盤のリードのお陰で大事には至らなかった。

J SPORTS

8回はB.ロドリゲス、9回は杉浦稔大が無失点に抑え、3-7の4点リードのまま余裕の逃げ切り勝ち。3カード連続で初戦を取り、今度こそ“3度目の正直”でカード勝ち越し、スイープを目指す。

渡邉諒の今季第1号ツーラン

J SPORTS

今日は渡邊諒にようやく今季初ホームランが出た。

初回五十幡による魔法のような1点の直後に飛び出したツーランホームラン。相手がカープのエースだっただけに、今後の展開を考えると非常に価値の大きいホームランだった。

振り返ると直前に大瀬良からクリーンヒットを放った近藤健介の打席が布石になっていたと感じる。

ランナー五十幡がホームに返り、“2アウトランナーなし”となった場面。大瀬良から見れば「(1点は失ったけど)切り替えていこう」とエンジンをかけ直したいところだった。

気を取り直した大瀬良は、近藤に対しヒットになりにくい厳しいコースへ丁寧に投げ込んでいく。しかし近藤はクサイ球をすべてカットする。ファールで粘ること実に10球目、高めに浮いた大瀬良の直球を近藤が「待ってました」とばかりに快打、完璧にセンター前へ運ばれた。

そんな前置きもあって、ちょうどガックリきていた大瀬良の甘くなった初球を渡邉が見逃さず叩いた。

渡邉は初球を狙いに行くことが比較的多く、今季約10%の割合で初球を打ちにいき.563(16打数9安打)というハイアベレージを記録している(6/1時点)。いわゆる「初球打ち」の部類に入る打者だけに、近藤がファールで粘っていた時点で「(近藤が出塁したら)初球からかましてやろう」と狙っていたかもしれない。

神経をすり減らされたばかりの大瀬良は、初球にいったい何を投げるか――ネクストバッターズサークルの渡邉は、冷静に、かつ狡猾に、近藤に手こずるカープバッテリーを観察していたことだろう。そしてその予想はドンピシャ。「カーブ」

「直球破壊王子」の今季初ホームランが直球じゃなかったのも、なんかいい。

そんな野球好きオヤジの妄想を存分に掻き立ててくれた今日の名シーンだった。

J SPORTS

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.