J SPORTS

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】6回まで毎回安打、9安打3四死球の猛攻で完封負け(6・02マツダスタジアム)

投稿日:

勝利投手 広島 森浦 (2勝1敗0S)
敗戦投手 日本ハム 加藤 (3勝3敗0S)
セーブ 広島 栗林 (0勝0敗11S)

ファイターズは毎回のようにチャンスを作りながら「あと1本」というところでヒットが出ない。

1回は先頭を出しながら無得点、
2回は安打と四球で2人のランナーを出しながら無得点、
3回も先頭の9番投手が安打で上位打線に繋いだのに無得点、
4回はヒットで出たランナーが1塁で牽制死して無得点、
5回も四球とヒットでランナーを2人出しながら無得点、

6回が極めつけ。先頭西川遥輝と近藤健介による連続安打でノーアウト1塁3塁と絶好の先制チャンスを作りながら、渡邉諒が三振、1アウトになって石井一成がスクイズ失敗。2アウト2塁3塁として打席の平沼翔太に賭けるが、あえなく内野ゴロ凡退

J SPORTS(6回表、石井一成のスクイズ失敗でランナー西川が三本間挟殺)

もはや神がかり的な勝負弱さ。今日マツダスタジアムには、たぶんハム嫌いの魔物的な何かがいたに違いない。

絶え間なく攻め続けているというのにこうも点数に結びつかないと、初回から好投を続けてきた先発の加藤貴之もさすがに痺れを切らしてしまう。

J SPORTS(コントロールが冴え捕手の構えたミットにビタビタに決める5回までの加藤)

6回裏、先頭の堂林翔太にレフトフェンス直撃のツーベースを打たれ、すぐさま菊池涼介に見事なバントヒットを決められてしまう。ノーアウト1塁3塁の大ピンチから、投ゴロ、三振となんとか2アウトまで持っていくが、四番西川龍馬にはレフト線へ2点タイムリー二塁打を許してしまう。

ビハインドのまま終盤7回を迎えてしまうと、今のファイターズは弱い。8回に2アウトから近藤、渡邉の連続安打で見せ場は作るが、続く石井一成の代打で打席に立った杉谷拳士があえなく三振。

ファイターズはその裏にも1点追加され、ここで勝負あった。9回表を絶対的守護神ルーキー栗林良吏にシメられゲームセット。

なぜか連勝できない。カード頭しか取れない。目下6カード連続負け越し中。幸いなことに投手陣も悪くはない打撃陣だってヒットが打てていないわけではないだけに、明日は7カードぶりのカード勝ち越しに期待したい。

特になし

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.