パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】好投アーリンの突如崩壊で3連敗も最終回鉄壁スアレスから得点(6・10札幌ドーム)

投稿日:

勝利投手 阪神 アルカンタラ (2勝1敗0S)
敗戦投手 日本ハム アーリン (1勝2敗0S)
セーブ 阪神 スアレス (1勝0敗19S)

タイガース先発のアルカンタラがほぼ完璧な投球で、5回まで被安打たったの1。一方ファイターズ先発アーリンも、ランナーを出すものの、要所を三振で締め4回までは無失点でまとめる。

ところが両軍スコアレスで迎えた5回表、アーリンが2アウトから突如崩れる。9番梅野隆太郎に低めに決まったカーブを上手く拾われヒットにされると、続く近本光司にはフルカウントまで粘られた挙句に四球。2アウト1塁2塁とされたところで中野拓夢に初球を痛打され、これがタイムリーとなり、ついに1点を失った。

この後タイガースはペースを掴み、7、8、9回と1点ずつ追加。ファイターズも7回に3安打を集め1点、最終回に防御率0.35(自責点1※試合前)という鉄壁な守護神スアレスから1点をもぎ取り意地を見せるが、力及ばず2-4でゲームセット。タイガースに同一カードスイープされ3連敗

6回、1点ビハインドの場面で登板した河野竜生が、今日も完璧なピッチング(三者凡退)を魅せてくれたことは追記しておく。これで4試合連続三者凡退。17試合連続無失点

パ・リーグTV

守備のクローザー谷内亮太、幻のファインプレー

パ・リーグTV

9回表、鋭くセンターに抜けようかという梅野隆太郎の打球をショート谷内亮太が横っ飛びキャッチ、すぐさま一塁へ送球し間一髪…………セーフ!

リクエストによるビデオ検証を経ても覆らずアウトにはできなかったが、「今日これがリアルタイムで観られただけでも元が取れた」と言っても過言ではないスーパープレーだった。

あの速い打球に追いつき、飛びつき、グラブに収め、即座に立ち上がり、無理な体勢から正確な送球を一塁へ送った谷内。

その動き自体が素晴らしい作品だった。アウトか? セーフか? もはや判定なんか関係ない。ビデオ検証中、繰り返し画面で流れるマルチアングルの美しいプレーに酔いしれた

決死のヘッドスライディングによって、瞬差のセーフを勝ち取ったタイガース梅野もあっぱれだった。

パ・リーグTV

でも、札幌ではもう二度とやるなよ

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.