パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】石川亮の攻守にわたる活躍で池田のホーム初勝利を守り切る(6・13札幌ドーム)

更新日:

勝利投手 日本ハム 池田 (3勝6敗0S)
敗戦投手 DeNA 京山 (0勝3敗0S)
セーブ 日本ハム 杉浦 (0勝2敗12S)

ファイターズ打線は初回からベイスターズ先発京山将弥を攻め、毎回のようにランナーを塁には出すが、いつものように「あと一本」が出ない。しかしそんな「いつもの」ストレスをぶち破ってくれたのが、正捕手獲りに燃えるスタメンマスクの石川亮だった。

ファイターズは4回裏、1アウトから王柏融、渡邉諒、平沼翔太の3連打で満塁とした後、バッテリーミスでラッキーな先制点。しかし石井一成が痛いスクイズ失敗。2アウト1塁3塁で9番石川亮。「いつも通り残塁かぁ」と思われた(失礼!)ところで、この伏兵がレフト前へクリーンヒットを決めてくれた。

パ・リーグTV

ファイターズ先発の池田隆英は、いつものように毎回ランナーを出しながらもギリギリのラインを割らせない粘投。5回まではベイスターズ打線を0点に封じ込めていた。勝負どころで、捕手石川の内外角を広く使った強気なリードも光った。

しかし6回、池田の球数が100球に差し掛かったところで連打を浴びてしまう。1失点を許し、なおも2アウト満塁という絶体絶命のピンチ。しかしここは河野竜生の見事な火消しで難を逃れることができた。さらにその裏、西川遥輝のタイムリーで1点を追加し、ホッとするもつかの間、7回表にベイスターズ打線が再び襲い掛かる。

7回のマウンドに上がった堀瑞輝が攻められ、連打と四球で1アウト満塁にされてしまう。8回に登板予定だった(と思われる)B.ロドリゲスが火消し登板するも、2本のタイムリーヒットで2失点

嫌な予感が頭をよぎったが、今日は杞憂だった。8回に回跨ぎのロドリゲス、9回にクローザーの杉浦稔大が、それぞれ三者凡退でこの最小リードを守り切りゲームセット

思うようにいかないストレスからの突破。これで順調かと思ったタイミングでピンチ。克服。最後はチーム一丸となってギリギリのところで守り切る。まるで誰かが創作したかのような、面白い試合だった。

ファイターズ池田の本拠地初勝利。ファイターズはホームでの屈辱の5連敗は免れた

推定50㎝で逃した石川亮の初ホームラン

パ・リーグTV

今日の試合で大活躍の石川亮だが、特に6回裏のフェンス直撃二塁打はあえて憶えておこうと思った。

この日4点目となる西川のタイムリーに繋がった貴重な二塁打だが、記憶に残したいと思ったのはその飛距離。

ベイスターズ三上朋也のど真ん中に甘く入ったストレートをジャストミート。完璧な角度、完璧な方向で打ち上げた打球は、高いアーチスト弾道を描きレフトスタンドへ。

パ・リーグTV

実況のUGKも確信し「イリッツ、イリッツ、イリッツ……!」とゴーンヌの助走(助声?)を始めていたが、惜しくも

「ノットゴーンヌ!」

なんと札幌ドームの高いフェンスの最上部、あとほんの50㎝というところに当たって跳ね返った。

もちろんこの後、無事に得点にはつながったのだが、気持ちとしては入ってほしかった。プロ入り7年目の石川は、いまだにホームランがない。あの手ごたえがプロ入り第一号の絶好のチャンスだった。惜しかった。

本人も「さすがに入ったと思ったんですけど……。トレーニング不足でした(笑)」(試合後ヒーローインタビュー)と残念そうだった。

それでも「札ドでなければ」間違いなくホームランだったということで、ファン側としてちゃんと記憶しておいてやりたいのである。

パ・リーグTV  惜しくもプロ初HRを逃した直後の石川。少し悔しそう。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.