パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】10安打2得点という拙攻でオリ10連勝に貢献(6・22京セラドーム)

更新日:

勝利投手 オリックス 富山 (2勝0敗0S)
敗戦投手 日本ハム バーヘイゲン (1勝6敗0S)

ファイターズは初回、バファローズ先発山岡泰輔の途中降板(けが?)というアクシデントもあって、王柏融の押し出し四球により1点先制。以降、リリーフ陣を細目につぎ込んでいくしかなくなったバファローズ相手に、毎回のように先頭ランナーを出すも(言い飽きたが)どうしても「あと1本」が出ない。情報によると、ファイターズは前試合までに丸3試合以上タイムリーヒットが出ていないらしい。

一方のバファローズも、中盤までチャンスを作っては潰す展開。ファイターズ先発のバーヘイゲンは、バファローズの拙攻に助けられているうちに調子を上げ、5回まで1失点のみ(2回T-岡田のソロホームラン)とまずまずの好投だった。しかし6回に捕まった。

パ・リーグTV

先頭の宗佑磨にヒットで出すと即座に盗塁で得点圏に進まれる。吉田正尚は三振に切って取るも、ここで火消し役の河野竜生に交代。しかしその河野がモヤを四球で歩かせ、杉本裕太郎の決定的なタイムリー二塁打で2点を勝ち越されてしまう

ファイターズは7回井口和朋が1点、8回公文克彦がさらに1点を献上。4点ビハインドという「絶望的」スコアで9回表の攻撃に臨む。

ファイターズは西川遥輝と髙濱祐仁の連続ヒットと、続く近藤健介の四球で、無死満塁という絶好のチャンスを手にするが、この期に及んでもタイムリーは出ず。渡邉諒の内野ゴロの間に1点返したものの、最後は野村佑希の三遊間を破るかという当たりをバファローズ宗の攻守でアウトにされてゲームセット。

バファローズの24年ぶりという10連勝を、目前で“祝福”する側となってしまった。

聞くところによると、ファイターズはこれで「38イニング連続タイムリーなし」となったらしい。その間、何打数0安打だったのかを知りたい。

「最終打者」野村佑希が打った6本のファール

パ・リーグTV

チャンスを作っても点は取れない。一方、相手はあっさり得点を積み重ねていく。点差以上にストレスが貯まる試合展開だったが、最後まで諦めずに応援していたら、最後の最後になかなか熱いシーンを観ることができた。

9回表2アウト2塁3塁。3点ビハインドの場面で打席に立った野村佑希。この打席で野村が打った6本のファールと、「絶対に俺が打ってやるぞ!」という強い眼差しは、この試合に負けようとも覚えておこうと思った。

バファローズのマウンドには中継ぎのエース澤田圭佑。大ピンチではあるものの、「ホームランさえ打たれなければいい」という構えで外角中心の配球。

それを見透かしたかのように、野村は3球目の外角ストレートに逆らうことなく強打した。打球はピンポン玉のようにライト方向へ飛んでいく。

ファール!

惜しい! わずかにライトポールやや右の外野スタンドに突き刺さった。ヒヤリとした表情の澤田

パ・リーグTV

「ああああん!」と部屋で雄たけびをあげるおれ。「入っていたら同点だったのにい!」と人目もはばからず嘆く(もともと誰もいないが)。あと数メートルの差で殊勲の同点ホームランだったのに、2ストライクと窮地に追い込まれてしまった。そんなの当たり前のことなんだが、そんな当たり前な理不尽にすら頭を抱えてしまうほど惜しい打球だった。

そんないちファンの落胆など知るよしもない野村は、さっさと切り替えて打席で次のボールを待っていた。「絶対打ってやるぞ」という面構えは、本当に打ってくれそうな圧倒的な説得力があった。

パ・リーグTV

その後も思いっきりストライクゾーンに剛球を投げ込む澤田。149kmストレート、ファール。148kmストレート、ファール。142kmカットボール、ファール……。

失投が自分の得意なコースに来るまでファールで逃げる野村。食いついたら放さない。澤田も徹底して外角に力の入った球を放り込んでいく。

142㎞カットボール、ボール。149kmkストレート、ファール。148kmストレート、ファール……。

臆せずストライクゾーンに投げ込む澤田。それをすべてファールにする野村。互いに譲り合うことはない。おれはテレビの前で観ているだけなのに、じっとりと手に汗を握っていた。負けていたが、追い込まれていたが、ワクワクした。これは絶対に決めるやつ。そして、この打席10球目だ。

ついに野村が打った強い打球は、三遊間ど真ん中を割る!

……ことはなかった。残念ながら。サードの宗が横っ飛びでミラクルキャッチ。すぐさま送球体制に切り替え、間一髪ファーストでフォースアウト。ゲームセット。

チームは負けて悔しかったし、野村もヒーローになりそびれたが、いい打席だった。興奮した。この打席をリアルタイムで観られただけでも、今日の試合を最後まで見ていてよかったと思える。ただ、もしも野球の神様が存在するのなら文句を言いたい。一言だけ。

「最終的にオリが勝つにしてもさあ、あそこは別に間一髪セーフでもよかったでしょうに!」

おれは采配批判はしないが、謎のシナリオ批判はする。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.