パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】2年目立野がマー君撃破でプロ入り初勝利(6・30楽天パーク)

投稿日:

勝利投手 日本ハム 立野 (1勝0敗0S)
敗戦投手 楽天 田中将 (3勝5敗0S)
セーブ 日本ハム 杉浦 (0勝2敗14S)

イーグルスの先発は田中将大。今季3勝4敗で、うち2敗がファイターズ。田中にとっては3連敗を喫するわけにはいかず、雪辱に燃えている。そんな田中と”相性のいい”ファイターズ打線は、さっそく2回、先頭の王柏融の四球と野村佑希のヒットでノーアウト1塁3塁というチャンスを作る。ここで昨日バックスクリーン破壊弾を放った渡邉諒が、2球目の外角スプリットを逆らわずに右打ち。これが綺麗に一二塁間を破り先制に成功する。

パ・リーグTV

一方、ファイターズ先発の立野和明は、初回先頭の小深田大翔に安打を打たれ3四球するなど、不安な立ち上がり。1回裏は神がかった併殺とセンター万波中正の好捕があり事なきを得るが、2回裏も3回裏も変わらず、常にランナーを背負った不安定なピッチング。無失点なのが不思議なほどだった。

ところがピリッとしなかった立野も、イーグルスの拙攻や味方のファインプレーに助けられているうちにペースを掴みだす。4回5回は2イニング連続して三者凡退。立野は勝ち投手の権利を得た5回でマウンドを降り、6回以降は1点のリードをリリーフ陣に託す。

心もとないリードながらも、6回は河野竜生、7回は堀瑞輝がそれぞれ無失点に抑えると、8回表には野村佑希の2点タイムリーが飛び出し、リードを3点に広げることに成功。ここで勝負あった。

パ・リーグTV

8回B.ロドリゲス、9回杉浦稔大がこれを死守しゲームセット。

ファイターズは今季初の完封勝ち。2年目の先発立野は、なんと田中将大を破っての嬉しいプロ入り初勝利

勝利を呼ぶエア大明神のビッグプレー

パ・リーグTV

今日の最高の名場面はこれに限る。

1点リードで迎えた7回裏。自信をもってマウンドに上げた「7回の男」堀瑞輝がいきなりピンチ。先頭の下水流昂にヒットを許し、犠打で2塁へ進塁されてしまう。

1アウト2塁。一打同点の崖っぷち。

イーグルスにとっては最大のチャンスに、打席の小深田大翔は甘く入ったスライダーを見逃さず、見事バットを折りながらも先でうまく拾い上げる「コツン……」と音を立てて、打球がセカンドの上を超えた瞬間、誰もが同点を覚悟した。

走馬灯のようにネガティブな未来がおれの脳内を駆け巡る。

「ああ、今日もそんな感じか」「ここまでか」「知ってた」「1点で勝てるわけがない」「最下位チームがマー君に3回も勝つなんて虫が良すぎるよな」「立野の初勝利はお預けだな」「逆にここまでよくやったよ」「また明日頑張ろう!」

そんな想いを乗せながら、打球はスローモーションのようにライト前へポトリ……

と、落ちなかった!

なんと落ちなかった。飛んできたんである。文字通り“神”が。

スーパーマンのように“飛んできた”ライト近藤健介が、地面に落ちるスレスレで打球をキャッチした

本当に空を飛んでいるようだった。「空飛ぶ大明神」の姿があまりに神々しくて、思わず手を合わせてしまった。

このビッグプレーは、今この同点を防いだだけでなく、マウンドの堀を立ち直らせ、ひいては次の回(8表)の追加点も呼び込んだ。

まさしく勝利を呼び込む「エア大明神のご利益」。画像にして待ち受けにすると、絶対に良いことがありそうだ。

パ・リーグTV

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.