パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】藤原万波マーティン清水……4本のHRが飛び交ったドローゲーム(7・10 ZOZOマリン)

投稿日:

ファイターズは4回表、なかなか捕まえられなかったマリーンズ先発・本前郁也から近藤、渡邉、野村が3連打。1アウト満塁というビッグチャンスで、バッター万波中正が外角のストレートを捉えきれずセンターフライ。それでもこれが犠牲フライとなりファイターズが先制に成功する。

パ・リーグTV

ファイターズ先発の上沢直之は、序盤からランナーを出しながらも、いつものように勝負どころでギアを上げて切り抜けるピッチング。味方の好守(3回裏西川遥輝のフェンス際好捕※後述)などに助けられながら、徐々に自らを修正していく。しかし、ようやく上沢らしいピッチングを取り戻した5回裏、藤原恭大にインコースのスライダーを完璧に捉えられてしまった。打球はピンポン玉のようにライトスタンド上段に突き刺さりソロホームラン

パ・リーグTV

両チーム1-1のドロースコアになった6回以降は点の取り合いだ。

6回表には万波中正の2ランホームランでファイターズ2点勝ち越し。しかしその裏にはマーティンの2ランホームランで、そっくりそのまま返される。

さらに8回表にファイターズ清水優心のソロホームランで再び1点勝ち越すと、その裏マリーンズがマーティンの犠牲フライで取り返す

パ・リーグTV

4-4となった9回は、切り札としてマウンドに上がった益田直也(M)、河野竜生(F)を両チームともにギリギリまで追い詰めるが、決め手に欠け無得点

リードしては追いつかれ、また突き放しては追いつかれ。見た目的には“手に汗握る好ゲーム”だった。

ただし、同点ではあったものの、マリーンズの6安打に対して、12安打も放っていたファイターズ打線の残塁に、よりフラストレーションが残る試合だった、ともいえる。

いずれにせよ負けなかった。負けなかったということは3連勝は継続中ってことだ。明日こそ立野和明で4連勝の壁を破りたい。

レフト西川遥輝、壁際の「大」ファインプレー

パ・リーグTV

今日は追いつ追いつかれつの緊迫した試合展開、両チーム合わせて4本のホームランも飛び出す見ごたえのある試合だっただけに、正直序盤のあのシーンの記憶は薄れかけていた。数日たつと完全に忘れそうなので、今日はこのシーンを取り上げる。

3回裏0-0。ここまで調子が悪いながらも粘投していた上沢だったが、2アウトながら2塁にランナーを置いた厳しい場面

バッターは一発のあるレアード。1球目ボールの後に上沢が投げたスライダーが、レアードの大好物の真ん中高めにいってしまう。レアードはこれを逃さず強打。打球はいい角度で上がり、レフトスタンドへ一直線!

……と思いきや、打球は失速。

それでもフェンス上段に当たろうかという大飛球を、レフト西川遥輝がフェンスを背にしてジャンプ一番。ボールは西川が目いっぱい高く伸ばしたミットに吸い込まれ、超絶スーパーミラクルビッグ空中キャッチに成功した。捕った瞬間、奇しくも西川の体は「大」の字を描いていた。これがホントの「大」キャッチ……。(これが言いたかっただけ)

パ・リーグTV

野球にたらればは禁物だが、この大キャッチが成功していなかったら、打球がフェンスに直撃していたら、間違いなくマリーンズに先制を許していた。それだけでなく、ギリギリのところで何とか踏ん張っていた上沢が崩れ、試合が壊れていたかもしれない西川ならではの大技であったことはもちろんのこと、試合展開としても大きな価値のあるビッグプレーだった。

西川遥輝の魅力は、甘いルックスや打棒、俊足だけじゃない。守備も一流であること。おれも西川遥輝の大ファンだが、個人的にこの3つ目の要素が大きい。

今日の試合では、「一流の外野手」として、外野守備で全国のハルキストを沸かせたことが本当に嬉しかった。

パ・リーグTV

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.