パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】△若武者が全打点2ホーマーも守護神乱調でドロー(8・20札幌ドーム)

更新日:

中田翔の巨人移籍が決まり、失意のどん底にあるファンを喜ばせるには勝利しかない。そんな「勝つべき理由」がある試合で、投手陣は好投し、打線は「新しき希望」と目される若武者が引っ張った。

ファイターズ先発の加藤貴之は序盤から制球が冴え、いつものようにイーグルス打線を翻弄。5回表に集中打を浴び2点を失うまでは2塁すら踏ませない圧倒的なピッチングだった。

先取点はファイターズだった。イーグルス先発田中将大から、3回1塁に西川遥輝を置いて野村佑希がセンターバックスクリーンへ2ランホームラン

先述のように5回表に2失点し同点に追いつかれるが、8回土壇場に野村佑希がこの日2本目となるソロホームランを放ち勝ち越しに成功。

6回2失点と好投の加藤から、7回堀瑞輝、8回B.ロドリゲスとつないできたマウンドを、守護神杉浦稔大に託す。

ところがその杉浦が大乱調。先頭を三振に斬って取るも4つの四死球で押し出し。3-3の同点とされてしまった。

9回裏にイーグルスの守護神松井裕樹からR.ロドリゲスが安打を放ちサヨナラのチャンスを作るが、続く郡拓也の外野フライの際に、1塁代走の杉谷拳士の走塁エラーによってダブルプレーとなりゲームセット。

パ・リーグTV

「勝たなければならない試合」は、モヤモヤが残る幕切れとなった。

明日の先発は伊藤大海。こちらも「投」の希望だけに、勝てば大きなファンへの癒しとなる。新人に頼ってばかりで本当に申し訳ないが、明日こそファイターズファンに束の間の笑顔をもたらしてほしい。

若武者・野村佑希のマルチホームラン

パ・リーグTV

今日はやはり野村佑希による2本のホームラン。10年ファイターズを支えてきた主砲を突然奪われたファンにとって大きな意味のあるものだった。

3回は田中将大のストレートを強打して先制の2ランホームラン、8回には安樂智大に1球目ストレートを見せられた直後のチェンジアップを上手く叩き、値千金の勝ち越しホームラン。

(文字にするのが本当に嫌だが)中田がチームを去った。まさしくファイターズ最悪な日に、2本をバックスクリーンにぶち込んだ野村には、なにか因縁めいたものを感じざるを得ない。

勝ってお立ち台をフイにしたからといって、忘れたくない2ホーマーだった。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.