パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】●一打逆転の大チャンスでエチェの超バリアが発動し2試合連続完封負けとなった試合(9・20札幌ドーム)

投稿日:

勝利投手 ロッテ 石川 (3勝2敗0S)
敗戦投手 日本ハム 河野 (2勝4敗0S)
セーブ ロッテ 国吉 (2勝0敗2S)

中盤までは、ファイターズ先発・河野竜生とマリーンズ先発・石川歩による、見ごたえある投手戦。両者とも「一歩も譲らぬ」という力投で相手打者をねじ伏せた。

パ・リーグTV

ようやく試合が動いたのは6回表マリーンズの攻撃。先頭の加藤匠馬が河野の甘い直球を叩き二塁打にすると、マリーンズは今日2打数2安打と当たっている荻野貴司にこれを送らせ、続く藤原恭大が注文通りにライトへの犠牲フライを放ちまんまと先制に成功した。

相手ピッチャーを打てないのは両軍ともに同じ。ならば、その貴重な1安打を2本の犠打で強引にでも得点に結びつける。これが結果的に決勝点になるんだから、首位を走るチームのしたたかさが垣間見えた気がする。

先制を許した後ファイターズは、河野の後を継いだリリーフ陣がギリギリのラインで踏ん張って、なんとか9回まで無失点に抑えたが、打線はどうしても得点させてもらえなかった。

8回裏、リリーフながら8勝0敗の“勝ち神”佐々木千隼を攻め1アウト2塁3塁という場面。一打逆転の大チャンスで、西川遥輝が勝負強くセンターに放った強い当たりを、ショートの名手エチェバリアに日本ではなかなか見られないようなスーパーハイパーウルトラメジャーダイビングキャッチをされたのが痛すぎた。

パ・リーグTV

9回裏はマリーンズの守護神・益田直也ではなく国吉佑樹だった。その国吉に2四球とラストチャンスはもらったが、ファイターズ打線はここでもモノにできずゲームセット。これで2試合連続完封負け

この3連戦でファイターズは1得点のみ。このたった1得点で、首位マリーンズから1勝をもらえただけでもツイていたと思うことにする。

特になし

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.