遺書(ブログ)

【備忘観戦録】〇立野が大胆不敵のタテノカーブで3勝目、チームは連敗脱出(9・23京セラドーム)

投稿日:

勝利投手 日本ハム 立野 (3勝1敗0S)
敗戦投手 オリックス 田嶋 (6勝8敗0S)
セーブ 日本ハム 杉浦 (1勝2敗21S)

ファイターズは今日も先取点。初回いきなり松本剛がヒットで出塁、西川遥輝が犠打で送ると野村佑希が四球を選んだ。この1アウト1塁2塁というチャンスで四番近藤健介が見事一二塁間を破り先制に成功。さらに淺間大基にもタイムリーが飛び出し、1回から2点というリードを持ってファイターズは試合を優位に進める権利をゲットする。

パ・リーグTV

ファイターズ先発・立野和明は、毎回ヒットでランナーを背負いながらも、大胆不敵な緩い変化球(タテノカーブ)を決め球に切り抜けていく。特に4回裏の3者連続三振は圧巻だった。好投を続けている間に、味方打線から3回に1点5回に1点の援護をもらって自身3勝目が見えてきた

パ・リーグTV

しかしこのままで黙ってないのがバファローズ打線。5回裏、伏見寅威を先頭で出塁させるも2アウトを取ってから突然襲い掛かってきた。福田周平と宗佑磨に連続タイムリーを打たれ、2点返されてしまう

こうなると6回からはリリーフ勝負。6回宮西尚生、7回堀瑞輝、8回井口和朋のリレーで、何とか無失点のまま守護神・杉浦稔大へつなぐ。

杉浦は1四球1被安打と“ピシャリ”とはいかなかったが、何とか零封。無事21セーブをあげて、立野の3勝目を守った。

パ・リーグTV

スコアボードだけを見ると「快勝」という印象になってしまうが、見た目よりずっといろいろあった試合だった。

バファローズには終始攻められ続けられていたし、ファイターズも12安打放ちながらも(+4四球)「ここ1本」が出ずに残塁の山というのはいつも通り。

昨日の試合もそうだが、首位マリーンズに食らいついていくために「絶対に負けられない」バファローズは、何点ビハインドがあっても「絶対に追いついてやる」という気迫が全選手にみなぎっていた。最終回の攻撃(特に2アウトを取られた後の西村凌のセンター前ヒットは、技術を超えた「執念」を感じた)なんかは、ファイターズはよく凌げたなと思う。

パ・リーグTV

そんなバファローズのメラメラと燃える執念に、昨日は呑み込まれたが、今日は退けた。ファイターズはまだやれる。

特になし

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.