遺書(ブログ)

メリークリスマスじゃねえよ!

更新日:

金曜の夜に来て「25日までにお願いします」と依頼された仕事を、イブに慌ててやっている。

担当のニヤ顔が、メール文から思い浮かぶ。
「いつもギリですみませんねえ。週明けまでによろしくお願いします。メリークリスマス!」

メリークリスマスじゃねえよ!

まあ結論を言えばまったく問題ない。おれはちゃんとやる。悲しいかな、大きな予定はないので余裕だ。

ただ金曜の夜に依頼しておいて、「週明けまでにやっといてねえー」と当然のように言いのけてしまう担当者とは、本当の意味で信頼し合うことはないだろうとは思う。

もちろん事情があってのことだろう。年末はいろいろある。それならそれで、言い訳をしてほしい。

「こうこうこういうわけだから、大変申し訳ありませんが、週明けまでに終わらせていただけませんか?」

メールにこの1行さえ付け足してくれれば、器の小さいおれだって「ようし、助けちゃろか」と腕まくりもするさ。なあ、人間関係ってそういうことだろう。

・・・と、ここまで書いて、珍しく頭の中が暗黒面のフォースに覆われていくのに気づく。やばい。

まあ、何だかんだ言っても結局やるのだ。
できれば気持ちよく、いい仕事がしたい。

そうだ。こんなクサクサした思いを断ち切るには、環境を変えることだ。ノートPCを担いでファミレスに移動することにした。

行きつけのガストはクリスマスムードだった。
バイトさんの手作り感満載の飾り付けに、BGMには山下達郎やマライヤ、WHAM!というベタ曲オンパレード。

昼間だったが、クリスマスのせいかほぼ満席状態。
いつもは4人席に1人で座るのだが、今日は端っこの2人席でノートPCを開く。

まわりを見渡すと、ご近所の奥さんの悪口でもりあがるおばちゃんグループ、少し遅い昼食後にスイーツを食べているファミリー、これからどこかに向かうんだろうか、何組かのカップルで溢れかえっていた。

なかでも、正面のカップルが醸し出す不穏な空気に目を囚われた。

男女とも20歳前後といったところか。
男性は真面目そうな青年なんだが、女性は少しケバい。釣り合っては、いない。

「あいつがさあ、こんな事言ってたんだよね」「聞いてる?」「そう思わない?」

男性の方が一方的に話しかけているのに、女性は一切返事をしない、ように見える。

何だこのカップルは。

面白い。これは妄想のオカズになる。
仕事などそっちのけで彼らを観察してしまうおれ。(妄想の内容

やがて、一切反応もない彼女にお手上げ状態で、男性は女性の背後にあるおれの視線に気づく。

やべっ!

とおれは当然視線をごまかそうとするが、彼はそれを見てニコッと微笑んだ。

……どういうわけか、優しい気持ちに包まれた。

メリークリスマス。仕事頑張るよ。

0

-遺書(ブログ)
-,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.