パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】さらなるチームの大ピンチを再び杉谷が救った試合(5・07札幌ドーム)

投稿日:

勝利投手 日本ハム バーヘイゲン (1勝2敗0S)
敗戦投手 楽天 涌井 (4勝1敗0S)

チームがクラスター認定されて以来、6日ぶりの試合。活動停止中は合同練習もできず(個々の調整のみ)、チーム全体が“ぶっつけ本番”といったかなり特殊な状況でプレイボールがコールされた。

主力クラスを欠き、戦力的にも活動停止前よりさらにダウン。目下リーグ首位に立つ楽天イーグルスと試合になるのか……くらい大袈裟に心配されたが、前試合(5/1)に続いて再びチームの危機を救ったのは杉谷拳士だった。

3回裏、今日も調子がよさそうなイーグルス涌井秀章に2者連続で三振を奪われ、2アウトランナーなしという場面。左打席の杉谷が初球ボール球の後に甘く入った変化球をジャストミート。この打球がレフトスタンド最前列に飛び込み、先制のソロホームランを涌井から強奪した。涌井はこれが今季初の被本塁打だった。

直後4回表、イーグルス島内宏明にソロホームランで帳消しにされたものの、5回裏には難しい場面でスクイズを決め一人で2打点をあげた。

ファイターズ先発のバーヘイゲンは、序盤こそペースに乗り切れない感じもあったが、尻上がりに調子を上げ5回を投げ島内のソロホームランのみの1失点。9奪三振という剛腕を見せつけた。

パ・リーグTV

このあとファイターズは6回に4安打を集め3点(3点目は万波中正のプロ初打点)を追加。バーヘイゲンからマウンドを引き継いだリリーフ陣も難なく無失点で切り抜け、そのままゲームセット。

チーム最大のピンチにガチンコで襲い掛かってくる首位楽天を退けた価値ある快勝。

杉谷拳士のど根性スクイズ

パ・リーグTV

今日は近藤から「振ることを許された」という2打席目の先制ホームランシーンも大声が出たが、それ以上に3打席目のスクイズに大興奮した。

少ないチャンスをコツコツ得点に結びつけて2-1。なんとしても追加点が欲しい5回裏1アウト3塁の場面。「最低限」の使命を帯びて打席に立ったのは、前の打席でホームランを打っている杉谷拳士。

外野フライ狙いかゴロ狙いか、はたまたスクイズか……。

楽天側があらゆる可能性を探る中、「いやいや俺は打っちゃうよ?」と言わんばかりに振る気満々の構えを見せる杉谷。その直後、涌井が低めの難しいコースにストレートを投じると、パッとバントの姿勢に切り替えてボールに食らいつき、涌井とキャッチャーの中間の絶妙なポイントにボールを落とすことに成功した。

涌井が打球を拾った頃には3塁ランナーの万波がホームにほぼ到達しており、この瞬間に杉谷のど根性スクイズが決まった。これで杉谷は前打席のホームランに続いて、2打席連続で打点を挙げたことになる。

「ピンチになったら助けに来るよ~♪」
自らの登場曲のように、チーム最大の危機に代替指名選手として鎌ヶ谷から助けに来た男。ホームを駆け抜けたのがその“相棒”、万波中正だったというのもよくできている。

パ・リーグTV

杉谷は自らの手で得点を賑やかにしてくれただけでなく、その圧倒的な輝きでベンチも元気にしてくれたことは6回裏の猛攻を見れば想像に難くない。

あまりの逆境に沈みがちなチームの中で、今一番必要な戦力はこの男なのかもしれないなと思った。

パ・リーグTV

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.