パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】荒れ気味Hレイを捕まえきれず完封負け(7・04沖縄)

投稿日:

勝利投手 ソフトバンク レイ (2勝1敗0S)
敗戦投手 日本ハム 池田 (3勝8敗0S)

ホークス先発のレイは序盤から制球が悪く、4回まで3被安打4四死球と荒れ気味。しかしファイターズ打線は、度重なるチャンスをことごとく潰し無得点。いつでも捕まえられそうで捕まえられない、歯がゆい攻撃が続く。

打線が拙攻で苦しんでいるうちに、粘投を続けていたファイターズ先発池田隆英が4回に捕まる。先頭の2人を死球、四球で出塁させ、ノーアウト1塁2塁という苦しい状況から連続ヒットで先制点を許す。なおも1アウト満塁から押し出しで2失点

パ・リーグTV

5回も似たような展開で1アウト満塁とされた後、ハムキラー明石健志にタイムリーを打たれ3失点目。ここでマウンドを井口和朋に譲る。このピンチは井口が併殺に切って、どうにか3点ビハインドで終盤打線の奮起を待つ。

しかしファイターズは6回からマウンドに上がった石川柊太にまったく手が出ず8回まで無得点。一方ホークスはというと、6回7回と1点ずつ追加し、点差を5点に広げている

こうなると、ファイターズには9回だけでこれを跳ね返す力は残っていない。嘉弥真新也と板東湧梧に完璧に抑え込まれゲームセット。試合時間は3時間48分。12安打(6四死球)を放たれ、点差以上に徒労感をともなう完敗。

パ・リーグTV

特になし

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.