パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】△3点差理想的な展開で最終回を迎えるも再び守護神炎上で痛恨のドロー(8・24札幌ドーム)

更新日:

序盤で3点のリードを掴み、先発、中継ぎが見事な連携で零封、そして守護神・杉浦稔大へ。最終回まではすべてがファイターズに味方しているかのような理想的な展開だった。

ファイターズは初回、先頭淺間大基の出塁から3番野村佑希が2ランホームランをレフトスタンドに叩き込み先制。2回にも髙濱祐仁、R.ロドリゲスの連続安打から、中島卓也の見事な送りバントで1死2塁3塁とし、清水優心の内野ゴロの間に追加点をもぎ取る。

ファイターズ先発はバーヘイゲン。前回登板に続いて「絶好調」といった投球でマリーンズ打線を圧倒していたが、前回と同じく序盤早々に切り上げ。4イニング(前回登板は3イニング)を投げて、5回からはリリーフに託す。

パ・リーグTV

中盤からは、5回井口和朋、6回宮西尚生、7回堀瑞輝、8回B.ロドリゲスと、それぞれランナーを許しながらも(ロドリゲスのみ三者凡退)、勝負どころで抑え無失点で切り抜けた。

ここまでは理想的な展開。ファイターズファンの誰もが勝利を疑っていなかった。

しかし9回表にマウンドに上がった守護神・杉浦の乱調が想定外すぎた

マリーンズ先頭の藤岡裕大に初球ど真ん中ストレートを読まれヒットを許すと、続く田村龍弘にライン際二塁打を打たれあっさり失点。

それでも2点差。続く安田尚憲、岡大海を連続三振に斬って取り、2アウトと立ち直ったかに見えたが、上位打線に戻ると、1番の荻野貴司に勝負強く左中間を破られタイムリー二塁打。1点差まで詰め寄られ、なおも2アウト2塁。

動揺した杉浦はストライクが入らず、続く藤原恭大を四球で歩かせ、ついには3番中村奨吾に痛恨の同点タイムリーを浴びてしまった。

この後ファースト高濱のファインプレーによってなんとか同点に食い止めることができたが、杉浦にとっては、どうにも後悔の残る幕切れとなってしまった。

9回裏にファイターズ打線もサヨナラ勝ちを狙うが、マリーンズ守護神・益田直也によって3人で完璧に抑えられゲームセット。

直前までは誰もが「勝てる」と確信していた展開だっただけに、気持ちの落差から敗北ムードが漂うファイターズベンチ(ファンも同様)。

パ・リーグTV

勝てなかったけど負けてない。負けてなければやり直せる。明日、先発に転向した河野竜生に連勝のやり直しを託す。

野村HR、中島の躍動、守護神を救った高濱

パ・リーグTV

あまりの徒労感に「特になし」と言いたいところだったが、9回表が始まるまでは間違いなく「理想的な勝ち試合」だったわけだから、素晴らしいシーンは随所にあった。ドローになってしまったからこそ、タイトル通り「忘れちゃいけない」。

まずは、言わずと知れた若武者野村の先制ホームラン。マリーンズ先発の岩下大輝が徹底的に投じるクサイ球をファールで逃げて、5球目のフォークに見事アジャストした。追い込まれてからも、当てにいかずに強振ってのがいい。野村の打球は高く上がってフェンス前で伸びる中田翔(……泣)ばりの美しいホームランだった。

パ・リーグTV

次にショート中島の躍動。中島は2回、その後の得点に繋がる貴重な犠牲バントを決め、4回裏に復帰後初安打を放った。小技の使えるベテラン打者として成熟した働きを見せてくれたが、中島の持ち味はやはり守備だ。

名手としての動きは相変わらず堅実だが、特に5回表1アウト1塁2塁というピンチでのファールフライがよかった。

井口の初球、小川龍成が放った打球はファールゾーンにふらりと上がった。これを追うのはレフト西川遥輝サード野村、そしてショート中島だった。落下点には西川が一番近く、サード野村も追いつけそうな距離にいたが、一番遠いショート中島が大きな声を出しながらこの2人を制し、みずから捕球した。

パ・リーグTV

万が一にも落としてはならない打球。「俺が捕れるんだから、誰のボールだろうが俺が捕る」という強い牽引力を感じたプレーだった。

そして最後に9回表、守護神の緊急事態を救ったファースト高濱の身を呈したファインプレー。

守護神杉浦が3点リードを吐き出し、なおも2アウト満塁。打者の山口航輝に6球粘られて、「もう投げる球がなくなった」という場面で、7球目の変化球もカットされてしまう。一塁フィールドシート方向へ打ちあがったポップフライ。猛然とそれを追うファースト高濱。高濱は客席とのフェンスを超えそうなところへ目いっぱい手を伸ばしギリギリキャッチ。そのままフェンスに激突しながらも、ボールを離すことはなかった

パ・リーグTV

杉浦は心の底からホッとしたことだろう。高濱があれを捕ってくれなければ、勝ち越されていた可能性は決して低くない

今日の杉浦は最悪だった。先発、中継ぎが大切に守ってきた3点というリードを吐き出し、それどころか勝ち越し点まで与えようとしていた。それでも、ここまで17セーブを挙げてきた実績ある”守護神”だ。一つ二つ勝ちを消したところでその能力を否定されるものではないし、事実ファイターズ今季31勝のうち17以上の勝ちを守ったことは消えない。

「ここまでチームを守ってくれた守護神を守れるのは、いま俺だけだ!」

……なんて高濱が意気込んでいたかどうかは定かではないが、少なくとも「杉浦さんを俺が救ってやるんだ!」という強い気迫を感じた。

今日、勝ち試合をドローにしたのは間違いなく杉浦だ。しかし負け試合(だったかもしれない)をドローにしてくれたのもまた高濱。勝てなかったのは残念だが、負けなかったことも同じくらい価値が大きい

絶対に覚えておくべきプレーだと思った。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.