パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】●「悪夢の7裏」に伊藤2ケタ勝利も呑み込まれた試合(9・22京セラドーム)

更新日:

勝利投手 オリックス 山田 (1勝0敗0S)
敗戦投手 日本ハム 伊藤 (9勝6敗0S)
セーブ オリックス 平野佳 (1勝3敗20S)

序盤息詰まる投手戦から、中盤ファイターズが突破口を開き先制。直後に効果的な追加点を加え、0-3と理想的な展開で試合を支配しながらも、バファローズのたった一度の猛攻で逆転された、ファイターズファンにとっては“悪夢ゲーム”。新人王を諦めていない伊藤大海の2ケタ勝利が目の前にあっただけに、なんというか大事なものを一度に2つ盗られたような、他の1敗とは一味違う特別な敗北となった。

ファイターズ先発伊藤の滑り出しは好調だった。制球よし、直球よし、スライダーよし。5回までは3回の三者連続奪三振を含む散発2安打無四球無失点で、バファローズ打線に付け入るスキを与えなかった。

パ・リーグTV

バファローズ先発の山﨑颯一郎も立ち上がりが素晴らしく、自慢のストレートを中心とした配球の前に、序盤ファイターズ打線は誰も芯を捉えることができなかった

そんな投手戦が繰り広げられる中、スコアボードに先に「1」を刻み込んだのはファイターズだった。5回表ヒットで出た佐藤龍世を2塁に置いて、淺間大基の3塁線を破る技あり二塁打がタイムリーヒットとなって先制。ファイターズは6回にも、野村佑希の先頭ヒットを皮切りに、近藤健介、王柏融と3連続安打。ノーアウト満塁というチャンスを作ると、高濱祐仁の犠牲フライ、石井一成のスクイズで手堅く2得点を追加した。

パ・リーグTV

今日の伊藤の調子からいえば、これで試合が決まったようなものだった。

しかし。そうは簡単に行かせてくれないのが、超HARDモードの2021シーズンファイターズ。いつも「勝てる」と思ってしまった瞬間に大きな隙間ができる。

7回裏、ここまでバファローズ打線を圧倒していた伊藤が突然捕まった。先頭T-岡田からモヤ、安達了一と三連打を許し3人でノーアウト満塁の大ピンチを作ってしまう。続く後藤駿太は見事に三振に斬って取るが、続く伏見寅威にタイムリーを許し失点。なおも1アウト満塁という場面で、ファイターズベンチはレジェンド宮西尚生にスイッチした。

パ・リーグTV

宮西はまず一人目福田周平をショートゴロ。1点と引き換えに2アウト目を取る。それでも1点リードだ。「あと1人で切り抜けられる」というところで力が入ったのか、宗佑磨を四球で歩かせ再び満塁。打席に右の紅林弘太郎を迎えたところで、ベンチは“右キラー”を襲名したい鈴木健矢にスイッチ。

期待の右打者vs.期待の右キラー。しかし、この勝負は紅林が一枚上手だった。徹底的に右打者が打ち損じやすい外角への右スライダーを投じる鈴木に対し、紅林はそれらを見極め、並行カウントから甘く入った5球目のスライダーを強打。いい角度で上がった打球はセンターの頭を高々と超え、これが走者一掃の逆転3点タイムリースリーベースとなってしまった。この回一挙5点。

パ・リーグTV

これで本当に試合は決まった。

ファイターズには終盤の2点ビハインドを跳ね返す力は残っておらず、8回9回とまったくいいところなく三者凡退。マリーンズとの前カードから続けて3連敗を喫した。

ファイターズは6回表、バファローズは7回裏。両軍ともに「ノーアウト満塁」という大チャンスを手にしたが、一方は2得点、一方は5得点。ファイターズは手堅く得点に結びつけたが、バファローズは勝負に出た。どちらが正解ということではないが、この勝負を見事に勝利へと結びつけてしまうところに、終盤まで首位争いをしているバファローズの強さの理由を見た気がした。

特になし

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.