遺書(ブログ)

「真実の行方」 (1996)/「どんでん返し映画」と知っていても面白い

更新日:

「どんでん返し映画」によく名前が上がるので、「きっと、そういうことと思わせて、実際はこういうことなんだろうなあ」という穿った目線で観ていたら、本当にそういう結末だった。

ただ決して「ありきたりな映画」と言いたいわけではなく、そこに至るまでのシナリオ・描写が素晴らしかった。自分なりの「どんでん返し仮説」を思い浮かべながらも「あれ?違ったかな」「おっ、やっぱりそうか」「え?そうくる?」と何度も揺さぶってくる。穿った見方さえしなければ、騙されていたと思う。

観る者に何かを投げかけるラストシーンもよかった。

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ

-遺書(ブログ)
-

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.