遺書(ブログ)

【備忘観戦録】〇初回11得点のビッグバンで序盤からホークスを破壊した試合(9・11札幌ドーム)

投稿日:

勝利投手 日本ハム 加藤 (4勝6敗0S)
敗戦投手 ソフトバンク 石川 (5勝9敗0S)

初回11得点、2回に5点と打線が大爆発。昨日まで貧打にあえいでいたファイターズが、序盤から破壊力でゲームを支配した。

1回裏、ファイターズは1番淺間大基がホークス今宮健太のエラーによって出塁したのを皮切りに、3番野村佑希、4番近藤健介による連続四死球で1死満塁。ここから5番王柏融の技ありレフト線へのタイムリー二塁打で2点高濱祐仁がヒットで続きさらに2点、佐藤龍世がヒットでつないだ後、石井一成がエラーで出塁すると再び満塁。ここで清水優心が犠牲フライを決めて1点。ここまで打者一巡で5得点。しかし今日のファイターズ打線はまだ止まらない。

パ・リーグTV

1番に返って淺間が四球を選んで三たび満塁とし、西川が走者一掃のタイムリー三塁打で3点追加。3塁ランナー西川を野村がセンター前ヒットで返し9点目を取ったところで、ホークスはようやく先発の石川柊太から高橋礼にスイッチした。それでもまだ終わらない。

パ・リーグTV

近藤が四球を選び、続く王がこのイニング2本目の二塁打でさらに2点追加。次の高濱がピッチャーゴロに倒れ、ようやく1回裏が終わったが、1イニング11得点は球団記録タイ王柏融は1イニング2二塁打4打点。(ふぅ、書き疲れた……)

ファイターズは2回にも4連打を含む5安打2四球でさらに5点を追加し(1イニング目で疲れたので詳細は割愛)、2回で16-0と大量リードを獲得する。

パ・リーグTV

「大量リードでも油断は大敵」

これは、今季何度もリードを守り切れなかったファイターズの格言(おれが勝手に言っている)だが、今日に限ってはさすがにこの点差はセーフティーリードだった。

大量点に護られたファイターズ先発の加藤貴之が、3回に3安打を集められ2失点、6回にはリチャードにソロホームラン、7回には松田宣浩のソロホームランと柳田悠岐にタイムリーを許し、7イニングで5失点を喫したところで、チームの勝利は揺るぎそうになかった。ただし、決して内容が良いとはいえなかった加藤は「今日じゃなければ負けていた」ということを痛感しながら、次の登板に備えることになるだろう。

パ・リーグTV

8回は調整で登録を外れていた杉浦稔大が先頭を四球で歩かせるも、1球ごとに剛球が戻り2奪三振で無失点。9回今季初登板の上原健太も2安打を浴びながら無失点。大量点差のマウンドを、上手く両投手の調整に生かしつつ快勝した。

お立ち台に登ったのはともに5打点ずつ、合わせて10打点を叩きだした王と西川。

パ・リーグTV

ファンにとっては日ごろの鬱憤を晴らせる派手なゲーム内容だったものの、3回の守備時に負傷退場した近藤健介の容態が深く案じられる。これが大量得点の代償だとしたら、あまりに大きすぎる。神様にこれ以上の試練を与えないくれと祈りつつ、続報を待つ。

初回打者1.5巡、11得点の大爆発

パ・リーグTV

まさしく今日の試合を決定した初回。打者15人で6安打4四死球2失策出塁。ホークスの四死球や守備のミスも手伝って、1イニング得点の球団記録タイに並んだ。詳細は上で書いたので省略する。

パテレの「イニング動画」によると、実に43分に及ぶ1回裏。まるで「得点シーンのダイジェスト」といってもいいテンション爆上げシーンは、個人的にはやる気の出ない仕事をするときのBGMに適しそうだ。

2回の4連打も素晴らしかったが、初回はそれが霞むほどのお祭り騒ぎだった。この歴史的なビッグバンはさすがに忘れることはないと思うが、2回裏もセットで憶えておきたいと思う。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.