パ・リーグTV

パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】序盤シーソーゲームから終盤猛攻15安打(3・27楽天パーク)

更新日:

復帰初登板予定だった田中将大が回避した試合。緊急登板の楽天髙田萌生を初回にとらえるも、2回裏に楽天太田にツーランを浴び逆転、しかしその直後3回裏に近藤のタイムリーで同点、野村佑希の2点タイムリーで再逆転した。

一度は1点差まで詰め寄られたものの、8回表大田の今季初タイムリー、9回表にダメ押しの近藤センターオーバーの2点タイムリーで一気に突き放した。

9回裏、クローザーとして初登板した杉浦稔大がピシャリと抑えファイターズ今季初勝利。先発加藤も5イニングをホームラン(ツーラン)のみに抑え好投した。

3回裏野村の2点タイムリー

パ・リーグTV

緊急登板でしっくりきていない楽天髙田を攻め、2アウト満塁で回ってきた野村の打席。「満塁は鬼門」というファイターズの”お約束”を無視して、甘く入ったストレートを右中間へ上手に運び貴重な2点勝ち越しタイムリーとした。塁上ガッツポーズに鳥肌が立った。

宇佐見のスピードスロー

パ・リーグTV

3回表、先頭で出してしまった辰己涼介の盗塁を阻止した宇佐見真吾。投げるスピードに驚いた。プレイバックを見ると辰己のスタートも決して悪くなかった。
このあと島内にクリーンヒットを浴び、さらに次の打者に浅村、茂木が控えていたと考えると、あれを刺せてなかった1点は取られていただろう。ソロあるいはツーランホームラン級の価値のある盗塁刺だった。

勝利投手 日本ハム 加藤 (1勝0敗0S)
敗戦投手 楽天 髙田萌 (0勝1敗0S)

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.