パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】4試合連続先制もレジェンドが若鴎・山口の一発に沈む(4・20 ZOZOマリンスタジアム)

投稿日:

勝利投手 ロッテ 唐川 (1勝0敗0S)
敗戦投手 日本ハム 宮西 (1勝2敗0S)

中盤までは点の取り合い。ファイターズがリードしてはロッテが追いつくという展開。
ファイターズ先発加藤貴之もマリーンズ先発石川歩も、ともにピリッとせず、5回までにそれぞれ6安打(マリーンズ打線)と9安打(ファイターズ打線)を浴び、スコアは4-4の同点。勝負は終盤のリリーフ勝負に。

ファイターズは4失点の先発加藤を5イニングで降板させると、6回7回を井口和朋→堀瑞輝が安打や四球を出しながらもなんとか無失点で切り抜ける。

しかし8回の宮西尚生の調子が良くなかった。先頭いきなりマリーンズ売り出し中の強打者・山口航輝にソロホーマーを浴びると、2アウトから連打を許し3失点。そこから代わった玉井大翔も四球と安打でもう1失点を追加した。

6回以降のファイターズ打線は、毎回のように出塁するも、相変わらずあと1本が出ず得点には至らなかった。8-4で逃げ切られた。

大明神の2試合連続ホームラン

パ・リーグTV

初回近藤健介の2試合連続となる2ランホームランは憶えておこう。1アウトランナー1塁の場面で、甘くなったマリーンズ石川の初球ストレートを強打すると、レフト逆方向へ高い弾道を描き、スタンドまで吸い込まれていった。

これが4試合連続の先制を決定づける一発。ZOZOマリンスタジアム特有の7メートルの逆風をものともしない大ホームランだった。

ファイターズも逆風に負けずに上位へ食い込んでいってほしい。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.