パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】伊藤大海3戦連続QSも初勝利はお預け(4・14メットライフドーム)

投稿日:

勝利投手 西武 今井 (1勝1敗0S)
敗戦投手 日本ハム 伊藤 (0勝2敗0S)
セーブ 西武 増田 (0勝0敗5S)

ファイターズ期待のルーキー伊藤大海が3試合連続QS。それでも打線がライオンズ先発今井達也を打ち崩せずプロ入り初勝利はお預け。
序盤の伊藤は前2試合のようなズバズバ球が行く感覚はなかった。前2試合ではストライク先行で楽にバッターを追い詰めていくイメージだったが、今日はボール先行で投球の組み立てに苦労していた。初回と3回にはヒットを集められ1点ずつ失ったが、それでも悪いなりに悪い自分を制して6イニングを2失点。奪三振は9。もはやルーキーと呼ぶのも憚れる、大黒柱による堂々たるピッチングだった。

ライオンズ先発今井も素晴らしかった。自慢のストレートが走り、変化球が生きた。ときおりコントロールを崩し四球を出しても“そこは持ち味”とばかりに力でファイターズ打線をねじ伏せた。

ファイターズから見ると、「捕まえられそうで捕まらない」歯がゆい展開。5回表の1アウト2塁(→2アウト1塁2塁)チャンスを切り抜けられたのが痛かった。

6回以降は、2-1ライオンズリードのまま両チームともにリリーフが無失点で切り抜け、そのままゲームセット。6日(4月8日)ぶりの敗北。

ファイターズは散発4安打。「たった1点」があまりに遠く感じた敗北だった。

大田泰示執念のヘッドスライディング

パ・リーグTV

4回表、2アウトランナー2塁の場面で飛び出した大田泰示のヘッドスライディング内野安打は興奮した。

この「大田が足元に飛んでくる!!」というプレッシャーがライオンズのファースト渡部健人の後逸を誘い(サード中村剛也の送球も乱れていたが)、ボールがファールグラウンドを転々としている間に2塁ランナー淺間大基が一気にホームへ。1点をもぎ取った。直前に成功した淺間の盗塁も生きた

チャンスを作ってもなかなか点に結び付けられないチームと、何よりも自分自身……その歯がゆさを何とか打破したいという強い執念を感じた魂のヘッドスライディングだった。

チームは勝てるようになってきたものの、打線はまだまだおとなしい。これをきっかけに大爆発へとつなげてほしい。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.