パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】池田が粘りの投球で移籍後初勝利(4・13メットライフドーム)

更新日:

勝利投手 日本ハム 池田 (1勝2敗0S)
敗戦投手 西武 松本 (1勝2敗0S)
セーブ 日本ハム 杉浦 (0勝0敗3S)

 

今季3度目の先発となるファイターズの先発池田隆英は2回にヒットを集められ1点を失うが、それ以外は安定したピッチングで6イニングを1失点でまとめた。
一方ライオンズの先発松本航は5回までに5四球と制球に苦しみながらも、ファイターズ打線の拙攻に助けられ無失点。1-0のビハインドのまま試合は中盤へ。

試合が動いたのは6回表ファイターズの攻撃。先頭の髙濱祐仁がチーム初ヒットで出ると(→代走石井一成)、西川遥輝が死球、渡邉諒が四球を選んでノーアウト満塁。ここで大明神・近藤健介。フルカウントからの7球目を完璧にセンター前へはじき返し、これがタイムリーとなった。その後も中田翔の押し出し、淺間大基の犠牲フライが飛び出し計3点。2点リードと試合をひっくり返し7回裏へ。

あとは逃げ切るだけ。7回の新しい番人となりそうな堀瑞輝、8回井口和朋がそれぞれ三者凡退で打ち取り、9回の絶対的守護神杉浦稔大がなんとか1失点で締めてゲームセット。
池田はついに移籍後初勝利を勝ち取った

19歳上野響平の「たまらん」返し

パ・リーグTV

5回裏のファイターズ遊撃手・上野響平(19歳)の「たまらん」美技は憶えておきたい。上野は本日付で自身初の一軍入り、同時に初スタメンだった。

バッターは足の速いライオンズの若林楽人。ショートを深々とえぐる球足の速いゴロを逆シングルのグラブの先で拾い、目にもとまらぬ速さで送球動作に切り替えて一塁へ送球。ファースト中田の5メートル手前でワンバウンドさせ、ギリギリのタイミングでアウトを勝ち取った。無理な体制だったにもかかわらず送球も正確だった。
くしくもその表(5回表)、ライオンズの源田壮亮に本家「たまらん」を見せつけられた直後だった。

これまで源田はファイターズ戦だけでもうんざりするほどのハイパー超美技を見せつけてきたが、ハムファンはもう源田を羨ましがらなくてもいい――日が来るかもしれない。

パ・リーグTV 本家「たまらん」 源田壮亮 のたまらん美技(5回表)

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.