マッキー本田

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】投手陣が粘投もハム殺しルーキー早川が再び立ちはだかる(4・18東京ドーム)

投稿日:

勝利投手 楽天 早川 (2勝2敗0S)
敗戦投手 日本ハム 金子 (0勝1敗0S)
セーブ 楽天 松井 (0勝0敗5S)

前回3月28日にデビュー戦初勝利を献上してしまった楽天のルーキー早川隆久にリベンジすべく、「近藤以外全員右」という奇襲スタメンで臨むも、あえなく返り討ちされた試合。唯一の得点が唯一のスタメン左打者である近藤健介による1発というのも皮肉なもの。

早川は今季2勝目、その2勝がともにファイターズというハムキラーっぷり。初回に近藤の1号ソロで先制された後は、毎回のようにランナーを出すも、要所で連打を許さなかった。

撮影:マッキー本田

一方の楽天はファイターズ先発が左投手のアーリンであるにもかかわらず「浅村と太田以外全員左」という”ブレないスタメン”で2ケタ安打を放つという、さらなる皮肉。今の楽天打線に小細工は必要ないということか。とにかくよく打った。逆に4点しか取られていなかったのか、という印象。

ファイターズ側の目線で言えば、投手陣は11安打3四球(+1失策)を与えながらも、なんとか4失点にまとめ試合を壊さなかったのだから粘投と言える。今日も打線が振るわなかった。

合計6安打(うち3本が長打)だから悪くはない(良くもない)が、その6安打がすべて散発だった。せっかくの長打も、もう1本が出なければ得点にならない。

郡拓也、万波中正など若手が打ったことに着目して、未来に希望をつなぐことにする。

このカード1勝2敗の負け越し。

可もなく不可もなしのアーリン

撮影:マッキー本田

新外国人投手アーリンの初先発。

「試運転」ということで2イニング1失点という内容だったが、今日だけではちょっと特性がわからなかった。

初回は味方のエラーによってピンチに追い込まれるもその後の茂木栄五郎をピシャリと三振に切って取ったり、2回は先頭の鈴木大地にヒットを許すとわかりやすく制球が乱れ四球と連打で一瞬崩れたり、そうかと思えば失点後はまたピシャリと抑えたり。球が良いのか悪いのか、メンタルが強いのか弱いのか、「どっちともいえる」という印象。

奪三振2も悪くもないが、まあ普通。ただどちらも空振り三振だったので、ウイニングショットは持っていそう

もちろん日本に来て初めてのマウンドということを考えれば、可もなく不可もなくこなせたこと自体が「可」と言えるかもしれない。

次回はもう少しロングイニングのアーリンに注目。そのために今日の内容を覚えておきたい。

撮影:マッキー本田 今はまだチームに打ち解けていない感じも併せて覚えておきたい。ここからどう変わっていくのか。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.