パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】レジェンド炎上で逆転されるも土壇場大明神弾で4度目のドロー(4・25札幌ドーム)

投稿日:

1回裏ファイターズは昨日のビッグイニングを思わせるような猛攻で、オリックス先発竹安大知を攻める。先頭の郡拓也が技ありのライト前ヒットを放ち、続く2番の渡邊諒がライトオーバーのツーベース、そして西川遥輝のファーストゴロの間に先取点を奪った。
この後オリックス安達了一のエラーなども絡み、淺間大基のタイムリーが飛び出して1回に一挙3点

初回から3点のリードをもらったファイターズ先発の金子弌大は毎回のようにランナーを許しながらも、都度ギアを上げて後続を断っていく(メモ:最速151km)。オリックス武安も、初回の3失点で目を覚ましたかのように、ファイターズ打線をほぼ完璧に封じ込める。

両者の投げ合いが続き、5回を終わって3-1とファイターズの2点リード。両チームともに先発がマウンドを降りて、後半リリーフ勝負に賭ける展開となった。

ファイターズは堀瑞輝、Bロドリゲスが好投し6~7回を三者凡退に抑え込むが、8回にマウンドに上がったレジェンド宮西尚生がここ数試合どうもしっくりこない。今日も先頭の安達から4連打で3失点を喫し、3-4と試合をひっくり返されてしまった。

最終回に近藤健介のソロホームランで負けは消すが、反撃はそこまで。4-4。今季4度目の引き分け。

土壇場で負けを吹き飛ばす大明神弾

パ・リーグTV

今日の試合でもっとも興奮したのはやっぱりこのシーン。最終回、一発で本日の負けを消した近藤健介の同点ホームラン

8回表、満を持して登板したレジェンド宮西が2点リードを守れずまさかの逆転。それでも裏にすぐに取り返してやろうと意気込む打線が、オリックス富山凌雅の前に手も足も出ず3者連続三振

ファイターズ打線は初回3得点したものの、2回からはわずか1安打と沈黙しており、ここまで連打が出る気配さえなかった。「今日はさすがに無理かもな……」と弱気になり始めたところを、ガツンと後ろからぶん殴られたような大明神弾だった。

今日は打線が序盤に得点し、先発が好投した。リリーフ2人も好投し、2点リードで勝利の方程式に繋いだ。文字通り「勝ちパターン」だった。逆転されてしまったのは予想外だったが、打たれたのはこれまで何百もの勝利に貢献してきたレジェンドだった。

「勝てる試合」を勝てなかったのは仕方ないが、負けるのはちょっと違う。まさしく「大明神の裁き」のような一発だった。

今日の試合はドローがちょうどいい。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.