パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】大量援護に守られた加藤がソフトバンクを翻弄(4・27 PayPayドーム)

更新日:

勝利投手 日本ハム 加藤 (2勝0敗0S)
敗戦投手 ソフトバンク 笠谷 (1勝2敗0S)

打っては13安打7得点、投げては先発の加藤貴之が終始セーフティリードに守られて、7イニングを4安打2失点と快投。投打がかみ合って「優勝候補」ソフトバンクから、敵地・福岡で今季初勝利をもぎ取った試合。

ファイターズは初回、「2番中田翔」がホークス先発・笠谷俊介から四球を奪い、西川遥輝のヒットと渡邉諒のタイムリーで鮮やかに先取点。ファイターズは、ここ10試合中9試合に先制と、打線は復調の兆しを見せている。

この後さらに、3回に大田泰示がタイムリー3ベースで2点、4回にも近藤健介がタイムリーヒットで2点を追加。序盤から0-5と5点にリードを広げ、一方的な展開へなだれ込む。

今季は初めて大量援護をもらった加藤。多少面食らったのか、勝ち投手の権利がかかった5回に1アウト2塁3塁とピンチを招いてしまう。しかし加藤は落ち着いてこれを捌き、甲斐拓也の犠牲フライのみの最少失点にとどめる。

この山を越えると、遮るものは一切見えなくなった。

加藤は続く6~7回も危なげない投球によって無失点で切り上げ(この間ファイターズはさらに2点を追加)、8回を継いだ堀瑞輝、9回のB.ロドリゲスが揃って3者凡退。5点リードのままゲームセット。

ファイターズは昨年から続く対ホークス戦の連敗を11で止めた

一皮むけた堀瑞輝の三振ショー

パ・リーグTV

今日は大量リードで隠れがちな「8回の堀瑞輝の3者連続三振」を心に刻んでおきたい。

7回89球4安打と今日も好投を見せていた加藤に代わって、8回のマウンドに上がった堀。ここまで3試合連続無失点中だ。マウンドに立つごとに安定感を増していくこの若きリリーフエースが、胸のすくような三振ショーを披露してくれた。

まずは甲斐。速いストレートを2球見せた後、緩いスライダーでタイミングを外し空振り三振。次の川島慶三にはボール球を見られてフルカウントまで投げたが、6球目のストレートが内角低めにピタリと決まり見逃し三振。

3人目、周東右京の代打で打席に立った真砂勇介には、2ボール2ストライクからの5球目、渾身のストレート(最速148km)がバットをかすめ捕手清水優心のミットへ。これで3者連続三振

ストレートの伸びと、まるで清水のミットと見えない糸で繋がっているかのようなコントロールが素晴らしかった

昨年まで、抜群のポテンシャルを持っていながらいま一歩発揮できずにいた堀瑞輝。今季は勝ちパターンの一角のみならず、大ピンチの猛火へ火消しに飛び込んで行ったりと、リリーフの頼れる若頭として大車輪の活躍を見せている。

先発は揃った。打線の調子も戻りつつある。後ろには絶対的な守護神がいる。
唯一まだ順調とはいえない中継ぎ陣は、堀が支配してほしい

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.