パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録02~対ホークス~●】清宮幸太郎のパーフェクトホームラン

投稿日:

勝利投手 ソフトバンク 東浜 (1勝0敗0S)
敗戦投手 日本ハム 河野 (0勝1敗0S)
セーブ ソフトバンク 森 (0勝0敗2S)

一発でファンを魅了できる選手

清宮幸太郎に早くも初ホームランが出た。

ただのホームランじゃない。スイング、打球速、角度、弾道、飛距離どれをとっても最高のホームランだった。その後の確信歩きもいい。打球の行方を1秒ほど確認して、ポンッとバットを置いて、静かに一塁へ歩き出す。

昨年、球界で一番美しいホームランを打つ(個人的に本当にそう思っている)中田翔を失ったが、まだファイターズには、勝ち負けに関わらず、ホームラン一発でファン(宝物)を魅了できる選手がいる。打球の残像を反芻しながら、1分ほど動けなかった。

今日は負けたが、これをリアルタイムで観られただけで、十分にお釣りがくる。

無敵河野ここにあり

昨日の開幕戦を見た上では、先発堀瑞輝のショートスターターも、2番手にファイターズ初登板の古川侑利がマウンドに上がったことも、4回からローテ候補の河野竜生に継投したことも意外じゃなかった。

1-1の場面で登板した河野は、「俺が今日の主役」とばかりに打者が”絶対に打てないコース”をピンポイントにビシビシ攻めていく。「危なげなく」なんてありきたりな言葉では片づけられない。敵を一切寄せ付けない圧倒的な投球だった。「無敵河野」ここにあり。そう確信させてくれるに余りある素晴らしいマウンドだった。

ただし最初の1イニングは。

そうだった。「無敵河野」のスキルは「ランナーを背負っていない時」限定だった。

2イニング目の5回、先頭の今宮健太にいきなり二塁打を浴びるとガラッと人が変わった。次の甲斐拓也はなんとか三振に斬って取るも、続く三森大貴、代打の牧原大成にはストライクが入らず連続四球。満塁にされたところで柳田悠岐に甘い初球をセンター前へ運ばれて、瞬く間に2失点。さらに極めつけにグラシアルと栗原陵矢に続かれて、この回合計5失点。結論だけ言えば、ここで試合が決まった。

これが噂の「ガーシーch」か

試合全体でいえば、とにもかくにもホークス先発東浜巨の独壇場だった。

東浜が投げた7回までに2点は取ったが、これはアルカンタラの2ホームランのみ。これを除けば、ランナーはわずかに2人。これではキャンプで重点的に鍛えてきた機動力も活かせないし、ビッグボスが本当にやりたい(だろう)細かな采配を振るう場面すらない。

次いつ対戦するかは不明だが、この厄介な「福岡のガーシー」を次までに必ず攻略しておいてほしいと思う。

聞くところによると、今日時点(2試合だが)でファイターズは本塁打数がパ・リーグトップらしい。しかしホームラン4本で合計4得点。

本当の意味で「新庄劇場」が開幕するのは、ランナーが頻繁に塁に出るようになってからだろうな。

-遺書(ブログ)
-,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.