パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】宿敵モイネロを崖っぷちまで追い詰めるもドロー(5・16札幌ドーム)

投稿日:

9回裏、同点で無敵のモイネロを一打サヨナラの場面まで追い詰めたが、あと1本が出ず惜しくもドローに終わった試合。

ファイターズ先発の上沢直之は初回上林誠知に“疑惑のファール”を打たれたものの、5回まで1安打無四球無失点と圧倒的なピッチング。球威のある直球と多彩な変化球をコーナーに投げ分け、常にストライク先行の投球で試合を支配した。ところが5回裏、味方が近藤健介と石井一成のタイムリーヒットによって2得点の援護をもらうと状態は一変。

パ・リーグTV

上沢は攻めの投球から守りの投球になったとき、崩れることがある。今日も2点の援護をもらった6回から、ボール先行があからさまに目立つようになり2四球。この回はなんとかダブルプレーに切り抜けるも、7回、柳田悠岐へ投げ込んだ外角低めの変化球をミラクルな打法で2塁打にされてからは完全に制御を失った。続く栗原陵矢を四球で出すと、明石健志にうまくセンター前へ運ばれ、1打で2点リードを吐き出してしまった

そして2-2の同点のまま終盤7回~9回はリリーフ勝負へ。

ホークスは2失点にまとめてきた先発の二保旭の後は田浦→嘉弥真→津森→泉→モイネロと、自慢の布陣を惜しげもなくつぎ込む。ファイターズも、上沢が7回まで投げた後は8回堀瑞輝→9回杉浦稔大と、今一番信頼できるピッチャーでこれに対峙する。

息詰まる展開の中、9回杉浦がツーアウト満塁のピンチを背負いながらもなんとか無失点で切り抜けた。

「これで負けはなくなった」ファイターズは9回裏、宿敵モイネロを攻め、奇跡のような“一打サヨナラ”のチャンスまで持っていくが、残念ながら奇跡はここまでだった。最後、樋口龍之介が三振をしたところでゲームセット。

ファイターズは今季6度目の引き分け。この3連戦は1勝もできなかった。

無敵モイネロを追い詰めた9回裏

パ・リーグTV

モイネロは今日の試合前まで今季16試合(16イニング)を投げて自責点はたったの「1」。もちろん無敗。特に対ファイターズ戦では自責点は当然「0」、5イニングでヒットは1本のみ、おまけに9奪三振もされている「絶望の象徴」だった。

そんな宿敵モイネロが、先頭の渡邉諒にヒットを許し、代走の五十幡亮汰に2盗を決められたあたりから顔色を変えた。

続く近藤健介のピッチャーゴロでランナーが3塁まで進み、1アウト3塁。外野フライでサヨナラという絶体絶命の場面で、左の王柏融は三振に切って取るも、右打席に大田泰示を迎えると、これを申告敬遠(モイネロ今季初)。続く杉谷拳士にはストライクが入らず四球。

2アウト満塁。マウンド上のモイネロは、余裕のないぎこちない笑顔。こんなモイネロは見たことがなかった。

続く樋口龍之介が気合十分で打席に入るが、全球ストレート勝負であえなく“4球三振”あと一歩のところで「モイネロに土をつける」という伝説を逃した。惜しい!

それでもモイネロを極限まで追い詰めたことは紛れもない事実。

「もうモイネロは”絶望”というわけではない」というイメージができただけでも、大きな収穫だった。忘れちゃいけないと思った。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.