パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】横浜AT弾で4点差逆転も9ウラ杉浦が土壇場被弾でドロー(6・19PayPayドーム)

投稿日:

序盤から制球が定まらないホークス先発マルティネスに、ファイターズは毎回のように得点圏にランナーを進めるもどうしても「あと1本」が出ない。初回は1塁3塁、2回は1塁2塁、3回も1塁2塁、5回は2塁3塁、6回も1塁2塁。マルティネスに息すらつかせぬほどに攻め続けながら、すべて残塁に終わり無得点。

そうこうしているうちに、初回から好投を続けていたファイターズ先発立野和明が5回に崩れた

先頭の谷川原健太にソロホームラン(プロ入り初)を浴びると、続く甲斐拓也に二塁打を許す。その後ランナー釘付けのまま2アウトをぽんぽんと取って気を取り直したように見えたが、続く中村晃、栗原陵矢に連続四球。2アウト満塁として火消しの河野竜生にバトンを渡すが、その河野がさらに3連続四球。押し出しだけで3点献上してしまった。

最悪な形で終盤を迎え、スコアは4-0。「万事休す」かと思われた7回表、ようやくファイターズ打線が爆発した。この回の頭から投げていた嘉弥真新也から、髙濱祐仁が起死回生のスリーランホームランをレフトスタンドに叩き込んだ。その後も嘉弥真、替わった津森宥紀を攻め、渡邉諒の犠牲フライで1点追加。ついに4-4の同点に追いついた。

7回には淺間大基による2試合連発のソロホームランで勝ち越し。6回からリリーフ登板の井口和朋、堀瑞輝、B.ロドリゲスがそれぞれ無失点で抑え、虎の子の1点を9回クローザー杉浦稔大に託す

9回は代打のバレンティン、中村晃という怖い強打者を連続三振に切って取り、順調に2アウトとした場面で打席には栗原陵矢

杉浦が高めに投げ込んだストレートを、まるで待っていたかのようにジャストミート。ライナー性の打球は、ライトポールギリギリの誰もいない「ホームランテラス」に飛び込んだ

パ・リーグTV

ファイターズとしては、「勝った」と思った矢先のあまりに残酷なホームラン。9回裏2アウト走者なし。土壇場中の土壇場で追いつかれて悔しいドローゲーム

プロ入り初の横浜コンビATアベック弾

パ・リーグTV

今日の試合で覚えておくべきは、まさしくこれに尽きる。淺間、高濱によるATアベック弾。二人とも名門横浜高校出身、しかも同級生。高校時代はともにクリンナップを組み、「横浜のAT砲」として甲子園を沸かせたスターコンビだった。2014年シーズンより同期でファイターズへ入団し、今季で7年目。あの頃純朴な野球少年だった2人も大人になった。

そんな2人が、紆余曲折を経て一軍スタメンに名を連ねるようになり、今日の試合で初めてATアベック弾が炸裂した。

こうした背景だけでも熱いが、この2発が試合展開を大きく揺るがす価値あるものだった、というのもたまらない。

中盤で最悪な形で4点ビハインドをつけられ、チームの気持ちが折れかけた場面。絶望の淵から呼び戻すような高濱のスリーラン

同点に追いつき、「ここからどう勝ち越すか」と考えていたところに飛び出した、淺間の勝ち越し弾

いずれも「欲しいところで出た」一発。これがドラマか映画ならばあまりに出来すぎ。今日の主人公は紛れもなくこの2人だった。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.