パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】オリ開幕投手山岡に今季初勝利をプレゼント(4・23札幌ドーム)

更新日:

勝利投手 オリックス 山岡 (1勝2敗0S)
敗戦投手 日本ハム バーヘイゲン (0勝1敗0S)

ファイターズ先発は“試運転中”のバーヘイゲン。今日も最速154kmと球速は出ており1~2回は上々の立ち上がりのように見えたが、3回表2アウトから連続死球を与えてからはその剛腕に陰りが見え始める。4回表に先頭の杉本裕太郎を不運な内野安打で出塁させると、続くモヤに高めに浮いたチェンジアップを打ち抜かれ、それが痛恨のツーランホームランになってしまう。

続く頓宮裕真にセンター前ヒットを浴びたところで河野竜生に交代。河野は先日もバーヘイゲンの第二先発としてロングイニングを好投していた。

河野はその期待に応え4回5回と3人ずつに切って取り、前回登板のいいイメージを続けていたが、6回に悪いところが出た。ランナーが出ると途端に弱気になるアレだ。

先頭の杉本にアンラッキーな内野安打を許すと、わかりやすく制球を乱し四球。さらにサードのロニー・ロドリゲスのエラーも重なり、その後の紅林弘太郎には力ないチェンジアップを綺麗に拾われた。これがタイムリ―ツーベースとなりこの回計3失点。すべて2アウトからの失点だったのが残念だった。

6回終了時で0-5の5点ビハインド。こうなると、苦境を跳ね返す力が今のファイターズにはない。8回に髙濱祐仁、西川遥輝の連続ヒットによって完封こそ免れたものの、ここまでが精いっぱい。9回裏に登板したオリックスK-鈴木の前に一切の見せ場もなくそのまま試合終了。

オリックスの先発・山岡泰輔がよかった。毎回のようにランナーを出すが、決して慌てることなく、(良くも悪くも)いつものパフォーマンスを発揮できる。ファイターズで言えば上沢直之が同じカテゴライズなのではと感じた。

5回目の先発となる山岡はなんと今季初勝利。おめでとう。

特になし

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.