パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】絶好調バーヘイゲンが5回に突然豹変した試合(5・22メットライフドーム)

更新日:

勝利投手 西武 松本 (4勝3敗0S)
敗戦投手 日本ハム バーヘイゲン (1勝4敗0S)

4回まで1安打5奪三振と、ライオンズ打線を圧倒していたファイターズ先発のバーヘイゲンが、5回裏に突然崩れた

先頭の山川穂高と、続く呉念庭を連続四球で歩かせると、続くスパンジェンバーグに11球粘られた上にレフトスタンドへスリーランホームランを浴びてしまう。ランナーがいなくなってようやくワンアウトを取った後、続く若林楽人にレフト前ヒット、すかさず初球に二盗を決められ打席の源田壮亮に死球。さらに次の森友哉にストレートの四球で1アウト満塁と、坂道を転げ落ちるかのように崩壊していく。満塁にめっぽう強い中村剛也は運よく内野フライに打ち取るが、ホッとしたところで栗山巧に一二塁間を破られてしまった。このプレー中、挟殺プレーの際に連携ミスもありさらに2点を追加されてしまう。慌てて肩を作った河野竜生に交代した。

結局この回、バーヘイゲンは打者一巡と対峙して5失点。1~4回までのバーヘイゲンと、5回のバーヘイゲンはまるで別人だった。

パ・リーグTV(左が4回までのバーヘイゲン、右が5回のバーヘイゲン)

一方、ライオンズ先発の松本航の出来が良かった。特にストレートが走っており、制球も抜群だった。それだけに読みが当たれば安打されることもあるが、要所では内角胸元にズバッと突き刺す度胸満点のピッチングでしのいでいく。松本は7回を投げて被安打8ながら、4回に打たれた西川遥輝のソロホームラン1点のみに抑えた。

パ・リーグTV

ライオンズは8回にもビッグイニングを作り3点追加。今のファイターズには7点ビハインドを跳ね返そうとするモチベーションもなく、無抵抗のままゲームセット。

昨日に続いての連敗で、カード負け越しが決まった。

特になし

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.