マッキー本田

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】今季初の2ケタ得点&アーリン5回無失点来日初勝利(5・23メットライフドーム)

投稿日:

勝利投手 日本ハム アーリン (1勝0敗0S)
敗戦投手 西武 平井 (3勝2敗0S)

ライオンズ先発平井克典とファイターズ先発アーリンの投げ合いは、早くも3回表に均衡が崩れる

ファイターズは3回、先頭の石井一成と鶴岡慎也による連続ヒットの後、杉谷拳士が死球を当てられノーアウト満塁とする。絶好のチャンスで五十幡亮汰は三振に倒れるが、続く平沼翔太のボテボテ投手ゴロの間に1点が転がり込んでくる。なおも2アウト2塁3塁の場面で、3番西川遥輝が見事にライトライン際を破り、走者一掃。ここのところのファイターズ打線には見られなかった(失礼)鮮やかな攻撃で、序盤で一気に突き放した

ファイターズ先発アーリンは、初回から調子いいのか悪いのかが判断がつかない状態。先頭の若林楽人を足もとにズドンと落ちるパワーカーブで三振に仕留めたと思えば、続く森友哉には高めに浮いた外角球を三塁線に痛打されたりする。2回も先頭の山川穂高に軽くセンターに打ち返されたと思えば、続く3人を厳しい球を打たせて料理する。3回は三者凡退(来日初)に打ち取るも、4回5回ともにヒットや四球でそれぞれ絶体絶命のピンチを迎えている。

マッキー本田

それでもライオンズ打線の拙攻ファイターズの好守備にも助けられ、アーリンはこれまでで最長の5イニングを投げ無失点で切り抜けることができた。リリーフ陣に試合の運命を託す。

3回以降、立ち直りつつあったライオンズ先発平井だったが、ファイターズ打線は6回表に再び捕まえ3安打を集めて2得点。7回には五十幡のプロ入り初ホームランが飛び出しさらに1点追加。8回には松岡洸希から4安打2四死球を集中し一挙4点とダメ押しのビッグイニングを作った。8回を終わったところで0-10と一方的なスコア。

9回裏にライオンズも4安打と意地を見せ3点を返すが、反撃はここまで。3-10と、まるで昨日一昨日の鬱憤を晴らすかのような大勝で、同一カード全敗を阻止。

アーリンが笑った

マッキー本田

アーリンの初先発(4・18東京ドーム)を現地で観戦していたんだが、あの日見ていて少し心配になった。球速がどうの、変化球がどうの、制球がどうの……といった次元じゃない(実力は今もよくわかっていないので)。余計なお世話だが、気になったのはメンタル面についてである。

終始まるでロボットのような固い表情で投げ、記念すべき初先発初イニングを無失点で切り抜けてもニコリともしない。チームメイトに激励の肩たたきをされても、どこかボンヤリしている(ように見えた)。「そういう顔なんだよ」と言われればそれまでなんだが、個人的にはどうしてもそうは思えない。

この春は世界的なコロナ禍で、予定通りに調整もできず、予定通りに来日さえできなかった。突然解禁されて来日し、2週間の隔離期間を終え、ファームで1試合だけ投げ、いきなり一軍に呼ばれ、いきなり先発した。

文字通り“借りてきた猫”のように、あの日、一軍のマウンドに立っていた(ように見えた)。そして打たれた。

1か月前まではアメリカで暮らしていたのに、今では国も違う、チームメイトも2度(二軍→一軍)変わった。あまりに目まぐるしく変わる環境下では、パフォーマンスも発揮しにくい。あの固い表情も仕方なかろう。実際アーリンは、初登板も含めてここまで3試合投げていたが、正直どれもパッとしない内容だった。

アーリンがチームに溶け込んで、自然と笑顔になれる頃に本領を発揮してくれるさ。

そう思っていた。時間がかかりそうだと思っていたが、それが今日だった

今日、お立ち台で見せてくれた笑顔は記者からせがまれたものだったが、喜びに満ち溢れていた(ように見えた)。きっと普段のアーリンはあんな風に笑っているんだろうと思えた。

シーズンはまだ3分の1にも至っていない。今後のファイターズは、アーリンの笑顔があと何回見られるかで順位が変わる。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.