パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】〇アーリンの光る好投が7回衝撃のビッグイニングへの道を照らした試合(10・13札幌ドーム)

投稿日:

勝利投手 日本ハム アーリン (2勝2敗0S)
敗戦投手 西武 髙橋 (11勝8敗0S)

ファイターズ先発は7月13日以来となるアーリン。3ヶ月ぶりの登板で心配の声の方が大きかったが、これが杞憂だったことがこの後のピッチングで証明される。

丁寧にコーナーを突くストレートと、何より左上から右下へドロンと落ちるカーブが思い通りに決まり、ライオンズ打線を翻弄する。アーリンは自己最長タイ、5イニングを投げ切り、味方のエラーで許した1失点のみ(自責点0)でマウンドを下りた。

パ・リーグTV

今日は打撃陣もアーリンの好投に応えた。2回裏、エラーで失った1点をR.ロドリゲスの2点タイムリーツーベースであっさり逆転、さらに3回には近藤健介の12試合連続安打となるタイムリーヒットで追加点。2点にリードを広げて終盤の攻防へと臨む。

パ・リーグTV

6回は宮西尚生、7回を堀瑞輝がそれぞれ無失点で切り抜けると、7回裏ファイターズ打線が唐突に爆発した。

先頭淺間大基のツーベースを皮切りに、4安打を集めて3得点。ここでライオンズ先発の高橋光成をKO。代わった十亀剣が2四死球で満塁としたところで、清水優心に決定的となる満塁ホームランが飛び出した。

この回一挙7得点。リードを9点に広げ試合を決めた

ヒーローインタビューは、光る好投で勝利に導いた先発のアーリンと、捕手としてそれを支えながら終盤には決定的なグランドスラムを放った清水優心のバッテリー。

普段は決して笑顔を見せないアーリンが、女房役の清水のことを聞かれたときだけに見せた満面の笑顔にグッと来た。

パ・リーグTV

清水優心のグランドスラム

パ・リーグTV

唐突に打線が大爆発した7回のビッグイニング。その極めつけとなった清水のグランドスラムは忘れられない。

淺間のリードオフダブルから始まったこのイニングは、西川遥輝、野村佑希がヒットで続き、ノーアウトで華麗に1点を追加。ここで、おれは既に大興奮

パ・リーグTV

さらに1アウト2塁3塁の場面で、髙濱祐仁が勝負強く2点タイムリーツーベースを打ったときには、テンションは最高潮になっていた。

そこにきて、とどめを刺されたようなグランドスラムだった。大興奮して立ち上がって応援していたおれも、なぜか逆に冷静になって無言でイスに座った

おかげでリプレイ映像を冷静に見られた。完璧なホームランだった。「満塁ホームラン」という希少性も、「試合を決めた一発」という価値も高いが、とにかくホームラン単体として美しかった

パ・リーグTV

ど真ん中のストレート。甘い球だったが、きっちり振り抜いたバットで芯を捉えれば、天性の角度で打球は吹き飛んでいく。打った瞬間にそれとわかる打球速度で、あっという間にレフトスタンド中段へ突き刺さった。やっぱり清水優心はホームランバッターなんだと認識させられた。

清水のグランドスラムはプロ2本目らしいが、2018年5月に放ったというその逆転満塁ホームランも強く印象に残っている。

今日のホームランも、きっと清水が引退するまで覚えているんだろうな……と、なんとなく思った。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.