遺書(ブログ)

ファイターズ金子千尋の背番号予想

更新日:

娘と何らかのコミュニケーションが取りたくて、「いま毎週見てるドラマはないのか」と話しかけると、娘は「えー、特にないー」と答える。

“父親となるべく会話したくない”という思惑が透けたテキトー回答におれは少しムキになり

「ウソつけ、見てるじゃないか、あれ。『高校聖夫婦』!」

と思わず昭和のドラマ名を挙げてしまい、結局さらに重苦しい沈黙を作り出したアフラフィフ父である。(答えは『中学聖日記』)

さてそんなことより、

金子千尋のハム移籍!

語呂がほぼ宮崎アニメのそれだが、ファイターズファンにとっては爆アド(=アドレナリンが爆上げされる)な超絶ビッグニュースだ。若ぶってはいない。

もちろん、オリックス金子の契約がもつれ、最終的に決裂して自由契約になったという情報は知っていたが、まさかファイターズに来るとは夢にも思っていなかった。昨日だったか(一昨日?)、「ハムが獲得の手を挙げた」というニュースを聞いた上でも、「どうせ競り合いで負けるんだろ」と、深く考えないようにしていた。

ところがである。

もう一度言う。

金子千尋のハム移籍!

気分が良くなりすぎて
「呼んでいる~むねーのぉどぉこかおーくで~♪」

と、名曲『いつも何度でも』を口ずさんでしまう。
宮崎駿の呪縛からは逃れられないおれである。

金子千尋。

2004年に誕生したオリックスバファローズの一期生であり、そのオリックスで、長きに渡り不動のエースを張ってきた「ミスターオリックスバファローズ」である。
通算勝利は120勝。ほんの4年前には16勝を挙げ沢村賞も受賞した。
すでにレジェンドの粋に入っていると言っていい。

本当にすごいピッチャーだった。
発足以来のオリックスバファローズは決して強いチームではなかったが、金子が先発の時は試合前からガッカリさせられた。
本当に打てるイメージがない。事実、ファイターズはかなりやり込められていた。まさしく”天敵”だったと思う。

ミスターバファローズであり、ファイターズの天敵が、今度は味方になる。
こんな熱いドラマがあるだろうか。

ファイターズのユニホームを着た金子千尋が、他のパ・リーグチームをバッタバッタとなぎ倒すシーンを思い浮かべると、爆アドで爆テン(=テンションが爆上げになる)である。つい歌を口ずさんでしまう。

「呼んでいる~♪」(名曲『略』)

かねこちひろ。
名前もかわいい。
(顔はまあまあとして)スタイルも良くオシャレだ。グレーのメッシュの入ったヘアスタイルや、オフに見せてくれるメガネ姿も萌えポイントになる。

マウンドに上がれば、女性ファンからの「ちーちゃ~ん!」という黄色い声援が聞こえてくるに違いない。

スタンドでは、金子ユニを着たファンも増えるだろう。「KANEKO」の文字と新しい背番号。金子誠コーチは、この機会に背中の名前を「MACK」に変更したらどうだろうか。
金子のファイターズユニ姿、どんな感じなんだろう。早く見たい。
想像するだけで興奮して鼻血が出そうになる。今日はコーヒーはやめておいたほうが良さそうだ。

ところで背番号は?
背番号フェチとしては最高に気になる。

ピッチャーっぽい背番号で空いているのは、いまのところ新垣勇人がつけていた「28」くらいしか思いつかない。
いや待てよ。自然と避けていたが、金子くらいのレジェンドなら、ダル・大谷が付けた栄光の背番号「11」もあるのか?
若干抵抗はあるが、他に空いている番号はないよな……?

と、今年の選手名鑑をめくりながら、おれは思い出してしまった。

そうか!「27」もあり得るのか……!

その瞬間、“彼”のことが走馬灯のごとく脳内を駆け巡る。

ニック・マルティネス。マルちゃん。
メジャー復帰を希望している彼は、契約期限までに去就が決まらず、現在自由契約となっている。
おれは戻ってくれると信じているが、メジャーから声がかかっているという報道も流れているので、それが本当ならばちょっと難しいかもしれない。
試合中に時折見せる彼の「ナイスガイ」っぷりはしばしばファンの話題となり、誰からも愛されていた。おれも愛していた。

中田の気迫のダイビングキャッチに喜びを爆発させるマルちゃん。


捕手・鶴岡に絶対的な信頼を置き、鶴岡のサインに決して首を振らないマルちゃん。


鶴岡が決定的な失点につながるエラーをした直後、鶴岡の肩を「大丈夫だよ」と言わんばかりにポンポンとさわるマルちゃん。



イヤだ。

いやだ嫌だイヤだ。行かないでくれ。
このままお別れなんてあんまりだ。

そしてついでにレアード!おれはいつ寿司を解禁できるんだ?(レアードが戻るまで寿司断ち中)

もうね、我ながら心配になるほどの情緒不安定ぶりだ。
少し悲しくなったおれは、レクイエムのごとくあの曲を口ずさんでいた。

「呼んでいる、胸の、どこか奥でー♪」

名曲は万能だ。
悲しいときも嬉しいときも「いつも何度でも」しっくりくる。

そんなわけで。
金子が背番号「27」を背負う姿は想像したくないおれの結論。

金子千尋の背番号予想は「11」か「28」でファイナルアンサー。
予想じゃなくてすまない。

<追記>



【追記】2018/12/10
その後、マイケル・トンキンが自由契約となり、金子はトンキンがつけていた「19」をつけることになりました。ちなみに金子の登録名は「金子弌大」に変更。

0

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.