遺書(ブログ)

中日が巨人の金満補強をせせら笑う?

更新日:

6年連続Bクラス中日 巨人の金満補強をせせら笑う
12/17(月) 16:45配信

 自信の表れか、それとも負け惜しみか――。中日内で巨人の金満補強ぶりをせせら笑う声が出ている。

 原監督が4年ぶりに復帰した巨人は、球団ワーストの4年連続V逸からの巻き返しを期し、総額約40億円ともいわれる大型補強を敢行。今オフはFA市場で広島から丸、西武から炭谷、オリックスを自由契約となった中島、現役大リーガーのビヤヌエバ、マリナーズを退団した岩隈と次々と大物選手を獲得した。

 この状況に中日関係者は「いくらなんでもやりすぎ。これまでの巨人の歴史を見ても大型補強で獲得した選手が戦力にならなかった例は少なくない。それにチャンスがなくなった生え抜きの選手たちが腐ってしまって、チームの雰囲気が悪くなるはず」と指摘する。

 別の関係者も「金を積んで選手をかき集めれば勝てるほど甘くない。これでシーズン序盤からつまずいたら巨人は一気にガタガタになるのでは」とほくそ笑む。

 中日は新人6選手を除けば、今季13勝でチームの勝ち頭だったガルシアが抜けた穴埋めとしてエンニー・ロメロ投手(27=ロイヤルズ3A)を年俸5000万円で補強しただけ。6年連続Bクラスに沈んでいる割には派手な補強と無縁だが、球団関係者は「与田新監督になって、現有戦力を底上げしただけで優勝したら、こっちの方がカッコいいでしょ」と言う。

 確かにその通りになれば痛快だろうが、果たして…。

「YAHOO!ニュース~東スポWeb」より

おいおい中日は巨人を笑ってる場合か。
「現有戦力を底上げしただけで優勝したらカッコいいでしょ?」だと?
カッコつけてないで、貪欲に優勝を目指す姿勢を見せろ!!!・・・・・・

ってなるか!!!!!

久しぶりに最悪な記事を見つけた。

「せせら笑う」「金満」という強い言葉を使い、巨人ファン中日ファンをもろとも着火する見出し。まるで与田監督が答えているかのような誤解へ誘導するアイキャッチ写真。最悪だ。(二度目)

記事をよく読めばわかるが、誰も「せせら笑って」などいないし、誰も「ほくそ笑」んではいないし、与田監督も「これで優勝したらカッコいいでしょ?」なんてドヤ顔はしていない。
すべて「球団関係者」なる謎の登場人物の言葉をソースに構成されている。

だというのに、ヤフーコメント欄には、中日の姿勢に落胆する声が大半を占めている。

「それを万年Bクラスのチームが言うな!」
「補強しないで現有戦力の底上げって言っても…」
「完全に負け惜しみに聞こえる」
「結果を出してから物事言った方がいいわ」
「他球団を気にする前に自チームを気にした方が良いのでは?」

まとめていいですか。

誰もそんなことは言ってない。

東スポが「球団関係者」という架空の登場人物の口を借りて、言ってほしいことを言わせているだけだ。ただの小説だ。
小説なら小説と書くべきで、絶対にニュースのふりをしてはいけない。

プロ野球はエンターテイメントだから、ある程度の盛り上げは必要だ。その役目の一端を新聞社が担っているのもわかっている。
でもそれは「論調」によって盛り上げるべきで、このような「でっち上げ」は駄目だ。
こんな記事を良しとしていたら、なんでもアリになってしまう。

実際に、この記事は1500以上ものコメントを集め、一時はヤフー!の急上昇ランキングに載るほどのアクセス数を稼いでいる。
新聞社側から言えば「大成功」といったところだろう。

きっと東スポは、まんまと思い通りに反応させられているヤフコメ民を見て、今ごろ「しめしめ」とほくそ笑んでいることだろう

本来、新聞記者は記事を作る職人だ。一般人では立ち入れない場所に入り、一般人には会えない人に会い、一般人では書けないような文章で的確に伝えることができる超能力者だ。
そのプライドは、いったいどこに消えたのか。

おれは、こんな空記事でアクセス数を稼ごうとする東スポWebをせせら笑う。

たとえ
「2~3人しか読んでいないブログの作者がせせら笑っている場合か!」
と”関係者”に言われても。

0

-遺書(ブログ)
-,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.