パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】池田の好投をホークス武田が上回った試合(4・29 paypayドーム)

投稿日:

勝利投手 ソフトバンク 武田 (2勝1敗0S)
敗戦投手 日本ハム 池田 (2勝3敗0S)
セーブ ソフトバンク 森 (1勝0敗8S)

ファイターズ先発池田隆英が7イニング2失点と今日も好投。池田は前2試合も6回1失点(対ライオンズ)、7回1失点(対マリーンズ)と抜群の安定感を見せていた。これで3試合連続QS。ローテ投手の地位をゆるぎないものにした。

そんな池田の今日の投球だが、初回は三者凡退、2回からは毎回のように先頭ランナーを出しながらも、5回まで無失点で切り抜ける。

完璧な投球を続けていても、ランナーを出すと途端に制球を乱して崩れる投手は多いが、池田はむしろランナーを背負うと制球がしゃんとする印象。5回までの15個のアウトのうち10個がフライアウトというのも特徴かもしれない。出したランナーをむやみに進めなかった。

今日も池田の好投でバンクをスイープか!? と大いに期待してしまうところだが、5回時点ではまったくそんなムードではなかった。ホークス先発の武田翔太が池田以上に良かったのだ。

魔球カーブが面白いようにストライクゾーンに決まり、ファイターズに空振りの山を築く。カーブは打てないとして直球に的を絞ってもタイミングが合わない当てたとしてもゴロか凡フライに打ち取られてしまう。コンビネーションもよかった。最終的に武田は7回を投げてファイターズ打線から7つの三振を奪った。スコアボードの「0」も7つ。

均衡が破れたのは6回裏。ホークス中村晃が池田の初球ストレートを完璧に捉え弾丸ライナーをライトスタンドに突き刺した。このあと池田は7回裏にも真砂勇介にソロホームランを許し2失点。

ファイターズも9回表、中田翔の中田らしい完璧なホームランで1点差に詰め寄るが、反撃はここまで。

今季初の4連勝(引き分けを挟み)、今季初の同一カードをスイープとはならなかった。

大将中田のパーフェクトホームラン

パ・リーグTV

9回表2点ビハインドで、ホークスの守護神・森唯斗から放った「2番中田翔」のソロホームラン。高い弾道をたどり、長い滞空時間を経てレフトスタンド中段に着弾する中田らしいホームランだった。直後の確信歩きも痺れた。

パ・リーグTV

後から振り返れば、勝敗に関係ないただのソロホームランとなってしまうだろうが、今日のホームランが単体として美しかったことは記憶しておく。強打したらスタンドまで届いたというものではなく、ちゃんとホームランを狙ってその通りに打てたホームラン。こういう時の中田翔のホームランは本当に美しい。全国のナカタストたちはこれを待っていた。

個人的に中田翔のホームランは、勝敗にかかわらずひとつの”作品”として見ている。中田に一発が出ると、その日はパ・リーグTVのマルチアングルで全方向から嘗めまわす。いや、鑑賞する。

中田翔には、今日のイメージ通りに打てたホームランを皮切りに、こうした美しいアート作品をできるだけ多く全国のナカタストたちに届けてほしい。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.