マッキー本田

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】〇池田トラブル降板も打線がつながり久しぶりの「快勝」(8・27メットライフドーム)

更新日:

勝利投手 日本ハム 井口 (1勝0敗0S)
敗戦投手 西武 松本 (7勝6敗0S)

ファイターズ先発の池田隆英は初回から先頭を四球で出塁させる(この回は併殺で事なきを得た)など、不安な立ち上がり。2回裏には先頭の外崎修汰に痛恨のソロホームランを浴びたが、そこから目が覚めた

続く川越、ブランドン、柘植を3者連続奪三振。3回も危なげなく三者凡退に抑えると、4回は四球とヒットでピンチに陥るも要所で三振を奪いペースを作る。

2回に先制されたファイターズだったが、4回表、先頭西川遥輝が四球で出塁すると、好調の野村佑希がヒットで続き、四番近藤健介が走者一掃の三塁打で逆転に成功。ここからは完全にファイターズのペースだ。

5回に野村のタイムリーで1点追加、7回には木村文紀の犠牲フライで1点、8回には3安打を集め一挙3点のビッグイニングを作った。

5回裏に先発の池田が勝利投手の権利を目前にしてマウンドを降りるなどトラブルもあったが、スクランブル登板の井口和朋をはじめ、リリーフ陣が粘投。何度も反撃の狼煙を上げそうになるライオンズ打線を気迫で食い止めた。勝利投手は5回に池田を引き継いだ井口。今季ユーティリティとして大車輪の活躍を見せる「切り札」も、これが今季初勝利だった。

撮影:マッキー本田

ここのところファイターズは、3試合連続で先制点をあげながら、思ったように勝ち切ることができなかった。今日は1点を追う展開から見事逆転、中押し、ダメ押しと、打線による横綱相撲で押し切った。久しぶりの「快勝」といえる内容だった。これを弾みに、明日・明後日と所沢で3タテといきたい。

撮影:マッキー本田

西川遥輝の300盗塁

撮影:マッキー本田

ここのところ299盗塁で足踏みしていたので、「今日こそは」と期待していた。おれは今日、メットライフドーム現地にいた。

チャンスは何度もあった。なんてったって西川は1~3打席まで四球出塁だ。その度に、その歴史的な瞬間を収めるべくカメラを一塁に向けて待っていた(おかげで野村の打席に集中できなかった)。

しかし、西川は走る素振りをまるで見せない。リードも小さくアンツーカーから足を出そうともしていなかった。

「あれ? 今日もないのかな」

そう諦め始めた8回。この上ないチャンスが来た。

直前の淺間大基がヒットで出塁すると、西川も一二塁間を破る痛烈なヒットで続く。これが淺間の好走塁によって1塁西川、3塁淺間という好形となった。二塁が空いている

マウンドの新外国人ダーモディも、3塁からは俊足ランナー淺間、打席からは強打者野村から同時にプレッシャーをかけられているので、おいそれと攻めた牽制球は投げられない

そうなるとリードし放題、西川でなくても自動スタートである。西川は、1球だけ様子を見て2球目に走った。キャッチャーの柘植も二塁に送球できなかった。

これにより、西川遥輝の300個目の盗塁はスタンディングであっけなく成功。まもなくライオンズガールが、二塁の西川に記念のパネルを持たせて簡易的なセレモニー。場内は拍手に包まれた。

撮影:マッキー本田

ちょっと拍子抜けした。

区切りの盗塁も、スピードスターの名に相応しいコンマ1秒の「ザ・盗塁」をイメージしていた。そんな「300盗塁」を生で見たかった、というのが本音だった。

しかし、そうはいっても「300盗塁」は長いプロ野球の歴史の中で30人しか達成していない大偉業である。これも立派な盗塁だし、甲斐キャノンからコンマ1秒の差で奪い取ったものも盗塁だ。いろんな盗塁を積み重ねたものが「記録」というものだ。

おれが「西川の300盗塁を生で見た」のは事実だし、「300盗塁」がプロ史上30人ならば、「西川の300盗塁を生で見た」のも、世界中で今日メットライフドームにいた観客「8509人」だ

その1人であるおれは「西川の300盗塁を生で見た」ことを死ぬまで自慢する。

撮影:マッキー本田

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.