遺書(ブログ)

【備忘観戦録】● 則本に完封負けした試合(9・09札幌ドーム)

更新日:

勝利投手 楽天 則本昂 (9勝5敗0S)
敗戦投手 日本ハム バーヘイゲン (3勝7敗0S)

今日は則本昂大一人に負けたような試合だった。イーグルス先発の則本は、最初から最後までファイターズ打線を寄せ付けず完封。打たれたのは単打のみ3安打。毎回奪三振の11奪三振。ファイターズが二塁を踏めたのも6回裏の1度きり。あとのイニングはプレッシャーすら与えられなかった。

ファイターズ先発のバーヘイゲンは、立ち上がりから155kmを投げ、なかなか状態がいいように見えた。1回2回とランナーを背負いながらも、ギアを上げて上手く切り抜けた。表情も明るかった。しかし3回に突然崩れた

先頭打者にいきなり死球を与えてしまうと、続く辰己涼介が投手前に転がした送りバントをバーヘイゲンがスルー。清水優心が慌てて一塁に送るがセーフになった。ここから坂道を転がるように崩れていった

なおもノーアウト1塁2塁となり、小深田大翔がバントを(サード寄りの)投手前に上手く転がすと、これもバーヘイゲンがスルー。サード野村佑希が拾って一塁に慌てて送球するが、既に小深田が一塁を駆け抜けた後だった。この直後に勝負強い島内宏明の2点タイムリー二塁打を浴びてしまた。

打者4人で2失点。記録上は3連打だが、「無失点は無理でも、どこかでアウトの1つや2つは取れたんじゃないか」と疑ってしまうような、残念な失点だった。

イーグルスはその後も5回に1点8回に1点と、着々と得点を積み上げリードを4点に広げる。この点差は、スキのない投球で圧倒する則本には十分だった。

8回も9回もファイターズ打線を圧倒し見事完封。則本は今季対ファイターズ戦は2度目で、前回の登板と合わせると15イニング連続無失点となった。

ファイターズは昨日に続いて2試合連続完封負け。後半戦に入ってようやく打線が打線らしくなってきたと思ったら、突然また、耳がキーンとなるほどの沈黙打線に戻ってしまった。

チャンスで打てない」から「チャンスすら作れない」へ。シーズン前半戦のイヤーなムードが頭をよぎる。

明日からのホークス3連戦では、そんなムードを吹き飛ばすくらいの打線爆発を見せてほしい。「昨日今日はたまたま。後半のハムは違うんだ!」という実感がほしい。

特になし

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.