パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録05~対ライオンズ~●】7連打5連敗

投稿日:

勝利投手 西武 松本 (1勝0敗0S)
敗戦投手 日本ハム 加藤 (0勝1敗0S)
セーブ 西武 増田 (0勝0敗2S)

悪夢の7連打

今日は6回表の山賊7連打に尽きる。

5回まで無四球1安打と完璧にライオンズ打線を翻弄してきた加藤貴之が突然ボコボコに打たれた。「崩れた」という感覚は正直あまりなかった。どちらかというと、ライオンズ打線が脈絡なしに爆発した。

2アウトを簡単に取って、鈴木将平が上手くセンター前に転がすと、オグレディがクリーンヒットで続いた。ここで森友哉が狙いすましたようにレフト前へ弾き返して1点、絶好調の山川穂高が大振りせずにレフト前に運んで1点、さらに中村剛也も軽打モードで上手く一二塁間を抜いてもう1点、さらに外崎修汰、栗山巧も続いて2点。ファイターズは7連打で一挙5点を失った。

悪い夢でも見ているような展開に、本当に気を失ってしまいそうだった。

ファイターズ最大限の反撃

反撃はあった。一度だけ。

悪夢の7連打5失点を喫したその裏。1アウトから近藤健介が一二塁間を破って出塁すると、続く四番清宮幸太郎が目が覚めるようなフェンス直撃のツーベースヒットを放った。

ランナー2塁3塁のチャンスで石井一成のファーストゴロの間に1点。2アウトとされてから、続くアルカンタラが勝負強くセンター前へはじき返し1点。この回2点を返すことに成功した。

よしあと2点だ、あと3回ある、絶対いけるぞ!!!!

以上。

「あと2点」のまま、「あと3回」、得点どころか、一人のランナーも塁に出ることなく終わった。水上由伸、平良海馬、増田達至のリレーにパーフェクトピッチングを喫し、5連敗。

BIG BOSS監督の初勝利は明日にお預け。

-遺書(ブログ)
-,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.