パ・リーグTV

遺書(ブログ)

【備忘観戦録】記念すべき万波プロ初HRも打線はDe今永に封じられた試合(6・13札幌ドーム)

更新日:

勝利投手 DeNA 今永 (1勝1敗0S)
敗戦投手 日本ハム バーヘイゲン (1勝5敗0S)
セーブ DeNA 三嶋 (1勝3敗11S)

ベイスターズ打線が相変わらず好調で、ファイターズ先発バーヘイゲンから5回までに9安打で4得点を奪いゲームを優位に進めた。

一方ファイターズ打線は、ベイスターズ先発今永昇太を攻めきれずに、7回まで散発4安打。得点は2回裏の万波中正のプロ初ホームランの1点のみ。

6回以降はリリーフ陣が被安打ゼロ(無失点)で打線に希望を託すも、8回9回は、ベイスターズ勝ちパターンのエスコバーと三嶋一輝に対しほぼ無抵抗で無得点。4-1のままゲームセット。

万波中正プロ入り初ホームランの美弾道

パ・リーグTV

ベイスターズにとっては理想的すぎる展開に、得点差以上の敗北感がある試合だった。それでも今日は万波中正の素晴らしいプロ入り初ホームランが観られただけでもよしとする。

2回裏1アウト。今永の初球、真ん中から下方向に滑るカットボールをジャストミート。打球は約40度の完璧な角度で打ちあがり、大きな弧を描いてレフトスタンドに突き刺さった。

パ・リーグTV

打球が速く高弾道、滞空時間も長い。パワーヒッターがジャストミートしてスタンドに「届いた」ホームランではなく、正真正銘ホームランバッターによる打球。大袈裟に言えば、まるで中田翔を彷彿とさせるような美しい弾道だった。

中田翔が抜けた今、あのアート作品のような美しいホームランを鑑賞できる機会はほぼなくなっている。中田の復帰までお預けか……と諦めかけていた頃に飛び出したマンチュー弾

この美しい弾道を目に焼き付けながら、中田の復活を待とうと思う。

-遺書(ブログ)
-, ,

Copyright© R50(仮)-アールフィフティカッコカリ- , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.